体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホワイトデーには不向き!? 医師がホワイトチョコを推奨しない理由3つ

ホワイトデーには不向き!? 医師がホワイトチョコを推奨しない理由3つ
バレンタインデーチョコのお返しに、ホワイトデーにホワイトチョコレートを渡す方もいらっしゃるのでは。

チョコレートの健康効果は色々と報告されていますが、ホワイトチョコレートとの違いは何があるのでしょうか?

今回はホワイトチョコレートのデメリット、糖分過剰摂取による悪影響、医師がオススメしないスイーツなどを解説していただきました。

チョコレートとホワイトチョコレートの比較

ホワイトデーには不向き!? 医師がホワイトチョコを推奨しない理由3つ

チョコレート

■ 成分

砂糖が多く含まれているものが多いですが、チョコレートの原料の一つであるカカオ豆にはカカオ・ポリフェノールも豊富に含まれています。

■ 作り方

カカオ豆を発酵、乾燥させ、ローストしたものをグラインダーにかけてカカオマスを作り、砂糖、粉乳類、ココアバターやココアパウダーなどを混ぜ合わせ、さらにきめを細かくしたものを固めて作ります。

■ カロリー

糖分控えめのものなども出ていて差がありますが、100g当たり550kcal前後であることが多いです。

ホワイトチョコレート

■ 成分

チョコレートの成分から、ポリフェノールなどを含む有色のココアの成分を除いたものになります。

■ 作り方

ココアバターに砂糖と粉乳を混ぜたものです。

■ カロリー

おおよそ、100g当たり590kcal前後であることが多いようです。

チョコレートに含まれるポリフェノールの効果

ホワイトデーには不向き!? 医師がホワイトチョコを推奨しない理由3つ
チョコレートに含まれている「カカオ・ポリフェノール」には、動脈硬化の進行を防ぐ、アレルギー、ストレスに対する抵抗力などの効果、また、その他美容、健康にも良いと言われています。

また、ポリフェノールは、活性酸素を消去する抗酸化力が強い成分なので、がん予防に効果がある、とも言われております。

医師がホワイトチョコレートをオススメしない3つの理由

ホワイトデーには不向き!? 医師がホワイトチョコを推奨しない理由3つ

1. カロリーが高い

通常のチョコレートに比べ、基本的にココアバターと砂糖、粉乳を主として作られるためカロリーは高めになることが多いようです。

2. ポリフェノールがほとんど含まれない

がんの予防や血管の健康に対する効果などで知られるポリフェノールがほとんど含まれず、健康効果が期待できません。

3. 健康を意識したオプションが少ない

通常のチョコレートだと、カカオ成分を多く含むものや、糖分控えめのものなど、様々な選択肢があります。

糖分の過剰摂取による体への悪影響

ホワイトデーには不向き!? 医師がホワイトチョコを推奨しない理由3つ

体への悪影響

糖分の過剰摂取により虫歯や、糖尿病や脂質代謝異常症、肥満などの健康リスクが懸念されます。

特に、白砂糖は精製の過程でビタミンやミネラルを失っており、さらに体内で糖分が分解される際にビタミンやミネラルが消費されますので、過剰摂取を続けると栄養障害となる場合もあります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会