ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アカシック、満員の赤坂BLITZツアーファイナルで熱狂のライブを披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アカシック、満員の赤坂BLITZツアーファイナルで熱狂のライブを披露

アカシックが3月11日、東京・赤坂BLITZで初の東名阪ワンマンツアー「I Happy Crazy Tour」ファイナル公演を迎えた。

大勢のファンで満員となった赤坂BLITZの会場で、これまでの2公演以上の熱気に包まれるなかライブはスタート。開演とともにステージ前に吊られた幕に、普段のアカシックの楽曲とは異なる、楽器隊による幻想的なポストロックとも言うべきサウンドともに、幕にメンバー一人ずつの姿が浮かびあがり会場の高揚感を煽っていく。

曲が終わるや否や1曲目「8ミリフィルム」が始まり、最早お馴染みとなったイントロでの理姫のシャウトが入ると一気に会場からは大きな歓声が上がった。続けて振りが印象的な「香港ママ」や、アップテンポな「ヨコハマカモメ」「秘密のデート」などで煽っていくと、その後は先日は発売になったばかりの1stシングル収録曲「福富朝陽」、ロックバラード「幸せじゃないから死ねない」も披露したりと、緩急つけたライブ構成、アップデートされたバンドのスキルを存分に見せつけていく。

かと思えば、これも最早お馴染みとなった「飴と日傘」の演奏中に曲を止めると理姫がステージ上に寝そべり、「アカシックの事好き?」「頑張れって言って!」と観客に訴えかけて、「頑張って―!」「アカシック最高」といったレスポンスが会場中に響き渡った瞬間に歌を再開するといった理姫ならではの独特なパフォーマンスを挟んだりと、確実なスキルに裏打ちされたバンドパフォーマンスに加えてアカシックらしいユーモアが共存する唯一無二なステージングを展開していく。

その後もサプライズとして自主制作でのみ販売していたインディーズ時代のレア曲「エンドオブザワールド」を披露すると会場からは悲鳴にも似た歓声があがり、シングル収録曲である奥脇達也(Gt)とのツインボーカルで、遊び心をふんだんに織り交ぜた昭和のデュエットソングをイメージした「平成へゴー!」を初披露。

サプライズも織り交ぜたセットリストで観客を楽しませた後は、メロディアス且つパンキッシュな「プリチー」「CGギャル」「サイノロジック」といった楽曲で一気に畳かけ、会場のテンションは最高潮に。最後に初のドラマ主題歌となった「愛×Happy×クレイジー」を披露し本編は幕を閉じた。

そして、ダブルアンコールとなったアンコールのMCでは、理姫から前身バンド時代から今に至るまでアカシックを追いかけ続けてくれているファンの女の子への感謝の気持ちが語られ、偶然にもこの日誕生日を迎えた彼女のために歌うことを宣言してインディーズ時代から歌い続けている「アルカイックセンチメント」を披露。

演奏中には、そのファンの女の子がまわりのファンの協力で最前列にリフトで担がれると、理姫が彼女と手をつなぎながら歌い続け、ファンとの暖かい交流に会場中が感動に包まれる場面も。

さらにMCでは、6月28日に2ndシングル「オレンジに塩コショウ」の発売が発表され観客を喜ばせると、最後は彼らの代表曲で振り付けがキュートな心の琴線を刺激する哀愁感強いポップ・ロック「終電」を披露して全19曲、約2時間に渡ったツアーファイナルは大盛況のうちに終了した。

Photo by 猪俣晃一朗

セットリスト
1. 8ミリフィルム
2. 香港ママ
3. ヨコハマカモメ
4. 秘密のデート
5. 福富朝陽
6. 幸せじゃないから死ねない
7. ツイニーヨコハマ
8. ピンク
9. 飴と日傘
10. 華金
11. エンドオブザワールド
12. さめざめ
13. 平成へゴー!
14. プリチー
15. CGギャル
16. サイノロジック
17. 愛×Happy×クレイジー
E.1 アルカイックセンチメント
E.2 終電

リリース情報
2ndシングル「オレンジに塩コショウ」
2017年6月28日(水)発売
※詳細は後日発表

関連リンク

アカシック オフィシャルサイト:http://www.akasick.info/
■アカシック WARNER MUSIC JAPANhttp://wmg.jp/artist/akasick/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。