体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルーツダイニング8010~食材のルーツを辿る旅 其の7(前編)~産地を巡る冒険【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20170226175609j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。

「料理」と「生産者」。両者を繋げる魅力ある「食材」。そのルーツを辿る旅。

7回目の今回取り上げる食材は、「いちご」。

その「いちご」の中でも、プレミアムな逸品として分類される「スカイベリー」にフォーカスします!

“いちご王国とちぎ”が生んだ、赤い大結晶「スカイベリー」

f:id:tabearukist:20170226175719j:plain

改めまして……「スカイベリー」という「いちご」をご存じでしょうか?

誕生は、2014年。生まれは、いちごの全国収穫量1位(※1)を誇る栃木県です。

“いちご王国とちぎ”の英知を結集し、約17年の歳月をかけて生まれた「スカイベリー」。ご存じ「とちおとめ」よりも果肉がかなり大きく、まろやかな甘味と酸味とをバランス良く兼ね備えております。

また、その名前には『「大きさ、美しさ、おいしさ」の全てが大空に届くような素晴らしいいちご』(※2)という意味が込められているのだそう。

いまこの旬な時期に、是非ともこの「プレミアムないちご」を使ったメニューをいただかねば! 我々タベアルキストは、“いちご王国とちぎ”に向かうことにしました。

いざ、「スカイベリー」を求めて!(……男二人旅です!)

(※1)農林水産庁 統計情報「作況調査(野菜)」より

(※2)スカイベリー公式サイト「三ツ星いちごスカイベリー」より

舞台は、宇都宮!

f:id:tabearukist:20170226175621j:plain

いまやすっかり「餃子」のイメージが定着している宇都宮。

そのJR宇都宮駅から、北西に車で10分少々。今回の目的地、大人の隠れ家的レストラン「フルーツダイニング 8010(パレット)」があります。

f:id:tabearukist:20170226175753j:plain

創業は、約40年前。親子二代〜三代に渡って通われているお客さんも多いのだそう。

レトロな洋食店的雰囲気を醸し出すお店は、オーナー夫妻の自宅を改装したもの。店内では、旬のフルーツを使ったさまざまなメニューの他、「栃の木黒牛」を使ったローストビーフ(これもまた絶品!)等のお食事メニューもいただくことが出来ます。

では、早速こだわりの「スカイベリーメニュー」をいただいてみましょう。

スカイベリーメニュー1食目。開幕から圧倒的!

f:id:tabearukist:20170226175811j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会