ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥、ドSな英語を使うときは明るい?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乃木坂46齋藤飛鳥、ドSな英語を使うときは明るい?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。3月11日(土)のオンエアは、リスナーからの質問を紹介。

まずは「値切り交渉で使うフレーズが知りたい」という質問から。ハリーによると、海外では値切ってよい場所とそうでない場所があるそうで、それをしっかり守ることがエチケット。古着や昔のロックグッズを売っているフリーマーケットのような市場では値切りOKとのことで、そんな例として、ハリーはロンドンのカムデンマーケットを挙げていました。

「This is all I got.」(僕はこれくらいしか無いんだよね)
「Can you go lower?」(もう少し低くできない?)

このような表現を使って値切ればいいそうです。齋藤も「海外で、カムデンマーケットのようなフリーマーケットで使ってみたい」と言っていました!

オンエア後半は、先週に引き続き、このコーナーで1年間学んだことを振り返る「抜き打ちテスト」の2回目! テストでは次の表現を振り返りました。

「Hey, what’s up?」(やあ、元気?)
「Are you OK?」(体調はどう?)
「Buzz off.」(どっか行ってくれない?/消えてくれない?)

普段使える挨拶を中心に復習。“ドS感”全開の「Buzz off.」(とっとと消えろ)を言うときに「齋藤の表情が明るい」というハリーの突っ込みにも、「そんなドSじゃないですよ私。心を鬼にして言ってます(笑)」とのこと(笑)。

来週も引き続き「抜き打ちテスト」を行いますが、全問正解の齋藤はいよいよ卒業…? 思わせぶりな雰囲気でコーナーを締めましたが、はたしてどうなるのでしょうか。来週もお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。