ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

火を焚きながらスマホも充電できちゃう「biolite campstove 2」が重宝しそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

biolite_new_1アウトドアとデジタル。一見、かけ離れているように見えるが、ITを駆使したプロダクトが次々と登場しているのは周知の事実。ランタンやポータブルグリルなど、テクノロジーをうまく溶け込ませた製品は、ユーザーの間でも大人気だ。

今回ご紹介するのは、無駄のないエネルギー利用が特徴の屋外用ストーブ「biolite campstove 2」。bioLite BaseLanternでおなじみのメーカーから販売された、最新作だ。

・USBで手軽にデバイス充電

biolite_new_2「biolite campstove 2」は、レジャーシーンの安全な暖炉として活躍する他、デジタル機器の充電もできるスグレモノだ。前身のcampstove 1から、大幅にユニットを改良。さらに進化した熱電技術を使用し、USB充電によって最大50%の電力を供給できるようになった。

本体には、オンボードの2600 mAhバッテリーが装備されており、外出先で手軽に機器への電力供給ができるようになっている。スマホやタブレット、デジカメなど、USBポートがついているなら、どんなデバイスでも充電OK。火を焚きながら、必要な機器に電力を満たしてくれる。

ポッドには、直射日光の強さ、出力、ファン速度を示す直感的なLEDダッシュボードを装備。3つの簡単な設定で、燃焼を効果的にコントロールできる。上部には、ケトルポットやポータブルグリルを取り付けられるポットスタンドが付いており、簡単な調理も可能だ。

・一度作ったエネルギーは無駄なく貯蔵

biolite_new_3環境への配慮もバッチリ。内部のファンから消火室に空気を注入することで動作し、クリーンで効率的な災を作り出す。

ストーブの中核部では、内部プローブを通して廃熱を捕捉。熱電発電機を使用し、これをエネルギーに変換する。このエネルギーが、順番にファンとUSB出力に電力を供給。余分なエネルギーは、ポッドのオンボードバッテリーに保存される仕組みだ。

レジャーシーズンに大活躍しそうな本品。日本向けの販売価格は、1万6000円。ホームページのショッピングカートから、購入可できる。

biolite campstove 2

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。