体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

睡眠障害の人に効果的!就寝時のマウスピース効果を医師が解説

睡眠障害の人に効果的!就寝時のマウスピース効果を医師が解説
人気エアーバンドゴールデンボンバーの樽美酒 研二さんが、自身のブログであごの不調にともなう睡眠障害改善のためにマウスピースを使用していることを公表しております。(参考)

睡眠にお悩みの方もいらっしゃるかと思われますが、なぜマウスピースを利用することが睡眠の質を改善させるのでしょうか?

今回はマウスピースを使用するメリットや、意外な効果、気になるマウスピースに関するQ&Aを耳鼻咽喉科医の岡田先生に解説していただきました。

睡眠障害でマウスピースを使用するメリット

睡眠障害の人に効果的!就寝時のマウスピース効果を医師が解説
マウスピースを装着することで睡眠の質が上がり、日常生活の疲れやすさが減り、熟眠感も上がり、さらには生活習慣病発症の危険性も下がります。

特に中等症までの睡眠障害の方にマウスピースの有効性は高く、またベッドパートナーへのいびきの心配もなくなります。

マウスピースの効果

睡眠障害の人に効果的!就寝時のマウスピース効果を医師が解説

いびき、睡眠時無呼吸症候群

下あごを上あごよりも前に突き出すようにして固定することができるため、いびきの原因となる上気道の狭小を防ぎ、上気道を広く保つことができ、いびきや無呼吸の時間を減らします。

歯ぎしり

およそ40~60kgとされる強い力が歯に直接加わることを防ぐため、歯ぎしりの音が小さく、もしくはなくなります。

顔やあごの歪み

余計なあごの力が顔にかからなくなるため、顔の張りが緩み、骨のゆがみがなくなり、すっきりとしたバランスのとれた顔になります。

あごの痛み

顎関節がかかる負担が減るため、顎関節の痛みが軽減します。

知覚過敏

力を分散させることによって負担のかかっていた歯の根元を守り、痛み神経の興奮を抑えます。

歯根膜炎

力を分散させて、歯の根元の負荷を減らし、挫滅した歯根の組織の炎症を出にくくします。

歯の欠損

余計な力を分散させて、歯の咬耗を減らします。

小顔

あごにかかる筋の緊張を和らげ、顎の張りをなくします。

その他

歯への負担を減らし、歯の矯正治療にもなります。

睡眠障害でマウスピースが必要な場合

睡眠障害の人に効果的!就寝時のマウスピース効果を医師が解説
簡易検査としては、自宅で手の指にセンサーを付けて酸素飽和度というものを測定し、無呼吸が原因の体の酸素の欠乏の時間と程度を測定します。

また、1泊入院して、精密な無呼吸検査で脳波も測定することにより、より原因や状態がわかります。

マウスピース以外の治療としてはCPAP治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法:圧をかけて気道の狭窄を防ぐ治療法)や上気道を広げる手術などの治療があります。

マウスピースの作り方と手入れ

睡眠障害の人に効果的!就寝時のマウスピース効果を医師が解説
マウスピースは上あごの型を取り、作成します。下あごで作ることもあります。

不要な副作用や合併症を引き起こさないためにも、歯科できちんと型をとり、自分に合った歯の形でのマウスピースを装着しましょう。

お手入れ方法は、水で良く洗浄し、また、入れ歯用の洗浄液でも洗浄します。

マウスピースに慣れるコツ

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。