体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモがディズニーと協業した『Disney Mobile on docomo』スマートフォン2機種『F-08D』『P-05D』発表会レポート

ドコモがディズニーと協業した『Disney Mobile on docomo』スマートフォン2機種『F-08D』『P-05D』発表会レポート

NTTドコモは2月1日、ウォルト・ディズニー・ジャパンと協業した『Disney Mobile on docomo』を発表。Androidスマートフォン『Disney Mobile on docomo F-08D』を2月下旬、『Disney Mobile on docomo P-05D』を3月に発売することを発表しました。

※記事のすべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

『Disney Mobile on docomo』の2端末

『Disney Mobile on docomo』は、ドコモが提供する端末と回線、サービス、ディズニーが提供するビデオやアプリなどのコンテンツとサービスをパッケージ化したもの。発表会ではNTTドコモ執行役員マーケティング部部長の永田清人氏が、端末2機種を発表しました。

『Disney Mobile on docomo F-08D』を発表

『Disney Mobile on docomo F-08D』は、4.3インチのHD(1280×720)ディスプレーと1.2GHzデュアルコアCPUを搭載するスマートフォン。防水、『おサイフケータイ』、赤外線、ワンセグに対応します。永田氏は女性になじみやすく持ちやすい形状と、スマートフォンとして使い応えのある基本性能の高さをアピールしていました。

ディスプレー面 背面 専用クレードルが付属

タッチ&トライコーナーで実機を触ってみました。キラキラ輝く本体は女性向けのイメージですが、デザイン重視なだけではなく動作速度やスペックに手を抜いていない印象。Android OSのバージョンは2.3.5で、CPUは1.2GHzの『OMAP4430』デュアルコア、内蔵メモリーは4GB。バッテリー容量は1400mAhです。専用の充電用クレードルが付属します。

『Disney Mobile on docomo F-08D』主な仕様
本体サイズ:約W64×H129×D8.8mm
重量:約120g
連続待ち受け時間(3G/GSM):約400時間/約290時間
連続通話時間(3G/GSM):約330分/約380分
ディスプレー:約4.3インチ 720×1280ドットHD TFT液晶 1677万色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:CMOS 有効画素数約1310万/記録画素数約1300万
インカメラ:CMOS 有効画素数約32万/記録画素数約30万
CPU:OMAP4430/1.2GHz デュアルコア
Android OS:2.3
Wi-Fiデザリング:対応(8台)
Bluetooth:2.1+EDR
ワンセグ:対応
赤外線通信:対応
おサイフケータイ:対応
防水:対応
カラー:SHINY PINK、SHINY WHITE

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。