体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
2017年2月9日ニューヨーク・ファッションウィークで、日本人デザイナー Tadashi Shoji氏の2017年秋冬コレクションが行われました。
Tadashi Shoji氏のドレスは「女性を最も美しく見せるデザイン」と言われ、ミシェル・オバマ前大統領夫人やハリウッドの女優など多くのセレブが公式の場で愛用しています。ミス・ユニバース世界大会のオフィシャルデザイナーも務められました。

CFDA(アメリカ ファッションデザイナーズ協議会)のメンバーに選出されており、米ファッション界の代表的なデザイナーとして日本よりアメリカの知名度が高いかもしれません。

そのデザイナーのバックステージとは。

複数名がかりで準備

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
ショーを掛け持ちで、駆け込んできたモデルには、出番に間に合うようスタッフが取り囲みます。

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
3−4名のスタッフに、メイク、ヘア、マニキュアをいっぺんに施されるためです。

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
デザイナー毎にヘア、メイク、マニキュアは異なりますので、モデルさんはメイクされたり落とされたりを毎日何度も繰り返します。髪や肌に対する負担が大きく、休みの日には肌を休めるためにノーメイクのことが多いようです。

2017年秋冬コレクションのテーマは、“love revolution”

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
革命と反乱の時代60-70年代がテーマ。モデルたちは一様に前髪を下ろし、下まつげを強調したレトロメイク。

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ

ヘアメイクが完了して、ショーの出番を待つモデル

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
Tadashi Shojiのコレクションは、使用するモデルが良いことでも知られており、2017年秋冬コレクションも一流モデルばかりです。

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
とはいえ、モデルも人の子。もれなく、SNS好きのようですね。

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ
仕上がりをチェック。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。