体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゆずが20周年ベスト盤でいきものがかり、back number、セカオワとコラボ!

エンタメ

ゆずが4⽉26⽇にリリースするデビュー20周年記念のオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』。同作において、いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIとの超豪華コラボが実現した。
オールタイムベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』でゆずとコラボレーションする (写真右上から時計回りに)いきものがかり、SEKAI NO OWARI、back number (okmusic UP's)
『ゆずイロハ1997-2017』は、デビュー20周年を迎えるにあたり、ファンやこれまでゆずを聴いてきた⼈はもちろん、これからゆずを聴く⼈にとっても最適な、⼊⾨編ともいえるCD3枚組・全50曲という⼤ボリュームの集⼤成的ベストアルバム。今回の選曲をしている最中、「20周年だからこそできる、おもしろいことができないか」という話し合いの中で、ゆずとさまざまな場⾯で親交のある3組の“後輩ミュージシャン”とのコラボレーション案が浮上し、ゆずが⾃ら各アーティストにオファーを⾏ない、3組それぞれが快諾! 単純なカバーやトリビュートにとどまらない、レーベルの垣根を越えた豪華トラックが誕⽣した。

現在“放牧期間中”のいきものがかりは、昨年秋頃から年末にかけてレコーディングを実施。2013年リリースの「イロトリドリ」を選曲し、お互いアレンジのアイディアを出し合いながら制作を⾏った。back numberはメディア出演の際に清⽔依与吏(Vo)が好んで聴いていたと公⾔した5thシングル「サヨナラバス」(1999年発売)をバンドセッション。Fukase(Vo)とNakajin(Gu)が知り合ったきっかけがゆずだというSEKAI NO OWARIは、メンバーたってのリクエストで、ゆずの初期楽曲「悲しみの傘」(1999年発売の2ndアルバム『ゆずえん』収録曲)をセッションした。

3組それぞれのストーリーや想いが込められた、ここでしか聴くことのできない3曲となっている。

【コメント】

■いきものがかり 吉岡聖恵

「ゆずさんに憧れて、⾼校時代に路上ライブをしていたいきものがかりメンバー3⼈。

なので、今回のコラボのお話は本当に嬉しかったですし、仮歌からレコーディングまで、ワクワクしながら歌い、とても素敵な時間を過ごさせていただきました!

「イロトリドリ」、とても賑やかな楽曲で、ゆずさんとコラボさせていただいた楽しい空気感もたっぷり伝わる曲になったのではないかと思います!

曲を聴いてくださる皆さんに、楽しんでいただけましたら幸いです!!!」

■いきものがかり ⽔野良樹

「「ゆず」というグループがいなかったら、僕ら3⼈の物語は始まってもいなかったわけで、今回のコラボは、ヒナ⿃が親⿃のもとへ戻っていくようなものです。

20周年を祝う特別なアルバムに参加できたことは、僕らにとって、つまりは、夢みたいなことでした。

北川さん、岩沢さん、本当に…本当に…ありがとうございました」

■いきものがかり ⼭下穂尊

「この度はゆずさんにコラボレーションのお話を頂き⼤変光栄に思っております。

ゆずさんがいなければ「いきものがかり」は存在しませんでした。

そんな、⾳楽、路上、そして神奈川の⼤先輩とのレコーディングはとても貴重な、そして純粋に楽しい経験でした。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会