ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

料理研究家が忙しい時に食べる「サク飯」ってやっぱり栄養バランスいいの? 聞いてみた【筋肉料理人さん編】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
料理研究家が忙しい時に食べる「サク飯」ってやっぱり栄養バランスいいの? 聞いてみた【筋肉料理人さん編】

f:id:kinniku39:20170309140604j:plain

あの料理家さんが忙しいとき、サクッと作る「サク飯」が気になる!

パンさえあれば、たいていの悲しみは堪えられる――。

かの『ドン・キホーテ』を書いたスペインの作家、ミゲル・デ・セルバンテスさんの言葉とか。「パン」の部分は、人によっては酒、ラーメン、ケーキ…… とさまざまでしょうが、身もココロもヘトヘトになったとき、ウマいものに救われることってありますよね。

そんなウマいもののレシピを毎週、ご紹介いただいている6人の料理家さんたち。今週は、その飯屋、じゃなくてメシア(救世主)なみなさんに、料理との出合いや忙しい時にサクッとつくる「サク飯」について聞いてみました。

1日目は、激ウマ節約つまみで話題の筋肉料理人さんの登場です!

www.hotpepper.jp

料理を始めたのは、じつは40代になってから

f:id:kinniku39:20170309140609j:plain

その名の通り、もちろん趣味は筋トレ。ブログやレシピ本の執筆、料理教室、テレビや新聞、WEBでのレシピ紹介と大忙しの筋肉料理人さん本格的に料理を始めたのは、じつは40代になってから。本業のガソリンスタンドの経営が芳しくなく、居酒屋さんでアルバイトをしたのがきっかけだったとか。

昼間はガソリンスタンド、夜は居酒屋さんのバイト、帰宅して自宅で料理の練習。

「そんな感じなんで最初は辛かったんですが、やり始めると料理はとにかく面白かった! めっちゃ、ハマっちゃいました(笑)」

ブログを始めたのも、最初は居酒屋さんで学んだ魚のさばき方の手順を記録に残すため。なるほど、「魚料理と簡単レシピ」のブログ名はそこから来ているんですね。

筋肉料理人さんの「サク飯」は?

f:id:kinniku39:20170309140622j:plain

▲筋肉料理人さんのサク飯は、「カレー風味の焼きラーメン」

「私が大好きなインスタントラーメンアレンジの1つ。お湯少な目でインスタントラーメンを作り、これに付属のスープの1/3~半量入れ、中濃ソース、もしくは焼きそばソースをかけて仕上げます。もやしとかいわれ大根を使って野菜を切る手間を省くのでとってもお手軽です!」

作り方は、筋肉料理人さんのブログをご覧ください↓

dt125kazuo.blog22.fc2.com

一見ジャンキーだなと思いつつ、そこはさすがの料理研究家。ちゃーんと栄養バランスを考えて、インスタントラーメンのサク飯でも野菜を使うことは忘れていませんでした。

「料理初心者の男性にも、自分で作って食べる楽しさを知ってほしいですね」と、ブログでは簡単おつまみから魚のさばき方まで、動画つきで細かく紹介中。

ふだんご自身も食べている鶏肉を使った筋トレ食も注目ですよ!

明日はパクチーボーイ エダジュンさんの登場です。

書いた人:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。 ブログ:魚料理と簡単レシピ YouTubeチャンネル:筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理 レシピブログ:筋肉料理人さんのmyレシピブック

過去記事も読む

※この記事は2017年3月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【噂の筋肉料理人】アボカドで作るユッケが節約&ムチャウマ!【今週はアボカド】
【激ウマ節約つまみ】「エリンギ」をコスパ最強にする「意外な切り方」【噂の筋肉料理人】
この手があったか!「コンビニのカット野菜」で激ウマ節約つまみ!【噂の筋肉料理人】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。