ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

岸谷香/ゴスペラーズ/CHEMISTRY/Chara/小林武史/Salyuら“音楽での支援を” 3.11復興応援ライブ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
岸谷香/ゴスペラーズ/CHEMISTRY/Chara/小林武史/Salyuら“音楽での支援を” 3.11復興応援ライブ

 東日本大震災から6年となる2017年3月11日。仙台市にあるライブハウス「チームスマイル・仙台PIT」で【東日本大震災 復興応援ライブ The Unforgettable Day 3.11】が開催された。

3.11復興応援ライブ 写真

 会場となったチームスマイル・仙台PITは昨年3月、伝説のガールズバンド プリンセス プリンセスが復興支援のための再結成よって集められた義援金の一部で“音楽での支援を”と建設されたもの。2016年3月11日に行われたこけら落とし公演には、プリンセス プリンセスのメンバー5人が登場し、同年3月26日豊洲PITで行われた公演をもって再結成活動の幕を閉じたことは記憶に新しい。

 あれから1年となるこの日の午後、会場ではリハーサルが行われる中、午後2:46 になると出演者全員がステージに集まり、この日のライブへの想いと、東北への想いをひとつにするために1分間の黙とうを捧げた。

 ライブ本編は音楽プロデューサー 松尾潔と作家/演出家/画家 大宮エリーのMCでスタート。公演のトップは、仙台のこけら落とし公演から1年ぶりの登場となる岸谷香がオープニングを飾った。岸谷香によるバンド時代の代表曲「Diamonds(ダイアモンド)」で幕を開けたこのステージは、次々と音楽でつながれていく。しばらく活動を休止していたという宮沢和史が登場し、「星のラブレター」「風になりたい」「島唄」など、久しぶりとなったステージで、会場には抜群な歌声とともに東北への想いが広がっていった。

 ライブ中盤戦、ステージにはCharaが登場。大ヒット曲「やさしい気持ち」「Tiny Tiny Tiny」を2曲披露したあと小林武史をステージへと招き、人気曲「Swallowtail Butterfly」を披露。印象的なイントロが始まった瞬間から会場は音楽の力で名曲にぐっと引き寄せられていく。曲が終わるとCharaは一旦ステージをあとにし、続いて小林武史のもとには、真っ白な衣装を身に纏ったSalyuが。「お見舞いの気持ちを込めて。私にできることはささやかな歌を歌うこと」と2人による代表曲「to U」が披露され、圧巻の歌声がメッセージとともに浸みわたっていった。そして再びCharaがステージへと戻ると、小林武史、Salyuの3人の共演でジョン・レノンの名曲「imagine」を演奏、この瞬間、会場1000人の心が一つとなった。

 この日、活動休止からの再始動が話題となっているCHEMISTRYも急きょサプライズ出演。代表曲「PIECES OF A DREAM」、そして5年ぶりに制作に臨んだという新曲「ユメノツヅキ」を披露。突然の2人の登場に会場には歓声が上がる。

 これまでもこの日出演のアーティストはそれぞれに想いを込め、それぞれの形で復興支援に関わってきたという。この日のクライマックスには、ゴスペラーズが登場。2011年東日本大震災復興支援チャリティーシングルを発売して以来、毎年チャリティーのアカペラコンサートをやっているという彼らは代表曲「ひとり」をアカペラで披露。続いて、復興支援のためのチャリティーシングルとなった「BRIDGE」、そして「永遠に」。また岸谷香が再び登場し、ゴスペラーズと岸谷香との初のアカペラ共演「ジュリアン」が届けられた。まさに、音楽の力、歌の力を感じさせてくれる圧倒的な歌唱で幕を閉じた。

 このライブはWOWOWプレミアでも生中継され、「豊洲PIT」「いわきPIT」「釜石PIT」ではライブビューイングでも配信された。今もまだ復興活動が続けられている状況の中、音楽の力を通して、この日のことを忘れないでという出演者たちのメッセージは、多くの人々に届けられたに違いない。

◎イベント概要
【東日本大震災 復興応援ライブ The Unforgettable Day 3.11】
2017年3月11日(土)チームスマイル・仙台PIT
出演:岸谷香、ゴスペラーズ、Chara、宮沢和史
(ゲスト)小林武史、Salyu
(サプライズゲスト)CHEMISTRY
(MC)松尾潔(音楽プロデューサー)、大宮エリー(作家/演出家/画家)

関連記事リンク(外部サイト)

ベッキー「ただいま帰りました」1年以上ぶりの歌声披露
松山千春 4月に通算77枚目シングル『空』発売
篠原ともえ、リリイベで永遠のシノラー宣言「ライブに来れば今でもシノラー気分を味わえます!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。