体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家入レオ×大原櫻子×藤原さくら、「ビクターロック祭り」番外編で新曲をサプライズ披露

エンタメ
家入レオ×大原櫻子×藤原さくら、「ビクターロック祭り」番外編で新曲をサプライズ披露

3月12日、パシフィコ横浜 国立大ホールにて「ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ × 大原櫻子 × 藤原さくら」が開催された。

それぞれ同じレコード会社に所属し、お互いのライブにも足を運び合うなど、プライベートでも非常に親交の深い3アーティストだが、一堂に会するのは意外にもこの日が初となった。

そもそもこの3アーティストの親交は、家入レオのライブにて、ファンであった大原櫻子がメジャーデビュー直後の2014年に観覧し挨拶したことに始まる。その後、2015年にメジャーデビューした藤原さくらのライブへ家入レオと大原櫻子が一緒に足を運び、ライブ後の楽屋で3人揃って会話したのがきっかけとなった。

大原櫻子は家入レオのファンで、藤原さくらと家入レオは同じ福岡出身、しかもデビュー前の藤原さくらのライブを大原櫻子は見ていたという偶然も重なって、友情だけでなくお互いの活動を尊重し合う関係にもなっている。

そんな3人がライブに向けて「この日しか出来ない特別なことが出来たら」と事前にコメントしていた通り、まさに“この日だけ”の3人共演によるスペシャル・サプライズをパシフィコ横浜に集まった4,000人の観客の前で披露し、超貴重な一夜限りの豪華ライブとなった。

トップバッターを飾ったのは藤原さくら。ライブはフジテレビ系月9ドラマ主題歌の「Soup」で幕を開けた。藤原の脇を固めるのは、これまでにもアルバムのプロデュースとして参加、現在は活動休止中のバンドプロジェクト・Ovallからドラムのmabanua、ギターの関口シンゴ、ベースのShingo Suzuki。そして、キーボードには村岡夏彦というおなじみのメンバー。

「トップバッターで緊張しますが、今日はよろしくお願いします!」と意気込み、家入や大原と仲良くなった経緯を話し、さらに「こうやって3人でライブが出来てうれしいです」と抱負を語った。

続く曲も自身が出演したドラマの挿入歌となっていたバラード「好きよ 好きよ 好きよ」をしっとりと聴かせ、アグレッシブなギターカッティングではじまる「Cigarette butts」を披露。そして3月29日にリリースする2ndシングル「Someday / 春の歌」の新曲2曲も演奏した。

「久しぶりに自分で書いた曲を世に出します。去年の今頃はドラマ撮影があったり、(そのドラマで必要な)バイクの免許とったりしてたんですけど、そのドラマをきっかけにいろんな出会いがあり、さらに自分のおばあちゃんに、亡くなったおじいちゃんとの馴れ初めを聞いたことがきっかけで、大切な人との出逢いって、偶然じゃなくて必然なんだって、自分が大切な人に出逢ったら、そう思うようになるのかな…と、出逢いについていろいろ考えながら作った曲です。」とシンガーソングライターとしての”藤原さくら”自身の作詞・作曲による新曲「Someday」と、シンガーとしての”藤原さくら”の天性のスモーキーヴォイスが冴える、スピッツの永遠の名曲「春の歌」(映画『3月のライオン』後編主題歌)のカバーを披露。最後は、1stアルバム「good morning」収録のリードトラック「『かわいい』」で本編を締めくくった。

続いて、大原櫻子がステージへ。「ステップ」からライブはスタートし、ライブ初披露となる映画『チア☆ダン』挿入歌「青い季節」とアップテンポなナンバーで一気にオーディエンスを熱くしていく。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会