体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“どこに就職するか”ではなく “どう生きるか”を考えるきっかけを作りたい

 2008年の入社以来、一貫してリクナビ企画開発に携わってきた大西哲朗。会員数約66万人の学生に使ってもらう“ナビゲーションを開発する”、その責任の重さに気づいたのは、システム開発部門からプロデュース部門に異動になった入社4年目のときでした。「どう働くかとは、どう生きるかということ。その選択肢を提案したい」。そう話す大西に、リクナビ開発に懸ける思いを聞きました。

f:id:carraria:20170310235932j:plain

大西 哲朗(おおにし てつろう)

 2008年新卒入社。大学院では情報工学を専攻し、人工知能や機械学習を研究。就職活動時、「人」に対する興味はまったくなかったが、研究の延長線上で「大きいシステムを創りたい」、「たくさんの人に影響を与えるシステムを手がけたい」と思い、リクルートへ入社。実際、入社後しばらく大規模システムの開発に携わってきた。4年目の時に、開発から企画部門へと異動。大きな転機が訪れる。

 

学生から届いた1通のメールで、リクナビ開発への覚悟が芽生えた

f:id:carraria:20170310235946j:plain

 社会人9年のキャリアをすべてリクナビ開発に費やしてきましたが、学生時代の私にとって“就職”は、積極的な選択肢ではありませんでした。大学院で情報工学や機械学習を研究し、博士課程に進もうか迷ったものの、周りの先輩や教授のあまりの優秀さに「この世界では勝負にならない」と意欲減退。他にやりたいこともなかったので、研究系の道に進むのは諦め、文系就職しようと考えましした。そこで、「たくさんの人に影響を与えるシステムを手がけたい」「自社商品を持っており、比較的自由に働けそうな会社」という観点で企業を絞り、それらが当てはまったリクルートに入社を決めました。

 入社すると、システム開発部門に配属になり、リクナビの正確な稼働を支える大規模システムの開発を担当。思い描くスペックを形にしていくことに、面白さがありました。転機は、リクナビの企画部門へ異動した入社4年目の1月に訪れます。それまで、「決められたことを確実にやりきる仕事」が自分に合っていると思っていたので、「企画を考えて、新たな仕掛けを作る」プロデュース業には、及び腰でした。何をすればいいのかわからない、本当はシステム開発をやっていたかった…そんな後ろ向きだった自分に、仕事への姿勢を問われる出来事が起こります。日頃からリクナビの「お問い合わせ」に来るメールを読んでいるのですが、ある日、

「あなたたちのせいで、人生がめちゃくちゃになった」

という、短く詳細情報のない匿名メールを見つけたのです。ドキッとさせられました。対応のしようがない。それでも、就職直前の時期にやり場のない思いをここにぶつけたのだという、文字からにじみ出るひっ迫感にはすごいものがありました。それまで、リクナビをシステム側から支えてきたものの、その先にいる一人ひとりの学生をここまでのレベルでイメージすることはできていませんでした。これまでの対応がまざまざとよみがえり、自分の覚悟の足りなさと認識の甘さに気づかされました。一度、システムの不備によって企業からのメール配信が1時間遅れてしまうことがあったのですが、最終的に届いたから大丈夫だと思ってしまっていたこともありました。でも学生からすれば、「この時間に来るはずの内定通知が届かない」ことで、別の内定企業に進路を変えてしまうかもしれないほど、非常に重い意味を持ちます。その想像力がなかった自分が、

「このサイトが提供する情報は、学生の人生を左右する力を持ってしまっている」

と初めて痛感したのです。それまでも真剣に取り組んでいたつもりでしたが、もっと深いレベルで「一人ひとりの活用シーンを鮮明に描きながら、本気で使ってくれる人を上回るぐらいの真剣さで取り組まなければならない」と、痛烈な覚悟が決まった瞬間でした。

1 2 3 4次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会