ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『3月13日はなんの日?』ラッパー&表現者として進化を続けるコモンの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『3月13日はなんの日?』ラッパー&表現者として進化を続けるコモンの誕生日

 3月13日はラッパー&俳優として活躍するコモンの45歳の誕生日。シカゴで生まれ育ったコモンは1992年にラッパー“コモン・センス”としてデビューを果たし、2001年にネオ・ソウル/ヒップホップ界のドリーム・チーム=ソウルクエリアンズをバンドにしたがえてリリースした『ライク・ウォーター・フォー・チョコレート』でメジャー・シーンの注目を集める存在に。2005年には同じくシカゴを代表するラッパーであるカニエ・ウェストのプロデュースによるアルバム『Be』で初の全米ビルボードNo.1を記録している。

 メジャー・シーンでの活躍を追い風に、俳優としても本格的に活動をスタートさせ『アメリカン・ギャングスター』(2007年)、『ウォンテッド』(2008年)、『ターミネーター4』(2009年)に出演するなど、俳優としても輝かしいキャリアを歩んできたコモン。2014年には出演映画『グローリー/明日への行進』のテーマ曲「Glory」をジョン・レジェンドとともに歌い、アカデミー&ゴールデングローブ賞を受賞している。

 俳優としての活動を精力的におこなう傍ら、昨年秋には自身11作目となるアルバム『ブラック・アメリカ・アゲイン』を発表。現代社会への問題意識を高く持ち、詩的なリリックとエンタテイメント性の高いパフォーマンスで表現する“ヒップホップ界の良心”としてトップに君臨し続けている。

関連記事リンク(外部サイト)

人種差別、政治や乱れたヒップホップ文化にコモンが喝、男気溢れる『ブラック・アメリカ・アゲイン』(Album Review)
エイドリアン・ヤング ジェイ・Z、コモン、タリブ・クウェリらが挙ってサンプリングしたあの名盤の第2弾が遂に日本リリース
Ms.ローリン・ヒル&コモンが単独来日公演へ、テイラーV.S.アップル、ニュー・オーダーやジャネットなど大物が新作続々:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。