体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの

大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの

ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として、すでにベッドメーキングや掃除を有料サービスに切り替えているホテルも少なくない。

こうしてリストアップされたものを見ていくと、たしかに「これ必要ないかも」と思えるものばかり。特にコレ分かる!客室内の固定電話、要らないよね。

01.
ホテルの顔、フロントデスク

大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの

テクノロジーの進化は旅行産業においても日進月歩。とくに最新技術をフロンドワークに導入するホテルも多く、すでにマリオット・インターナショナルでは、5つのホテルにおいて、利用客が自らスマホを使ってチェックインや支払いを行う「Moxy」を導入。年内にはさらに36のホテルでの利用を見越している。

02.
客室のルームキー

もうカギをなくしたり、いちいちそれをフロントデスクで変えてもらう必要もなくなるだろう。1,150を超えるホテルを世界中に保有する、スターウッドホテル&リゾートでは、年内中にスマホによる室内キーの導入を検討しているそう。

03.
「喫煙可」の部屋

大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの

客室内での禁煙化を早くから導入してきた、ウェスティンホテル&リゾートとマリオットに追随するように、現在smokefree(禁煙)をポリシーに掲げるホテルが圧倒的に増え、もはやホテル業界におけるスタンダートとなりつつある。コンフォートインおよびコンフォートスイーツを母体とするチョイスホテルズインターナショナルは、所有するのべ1,800のホテルでsmokefreeを導入する、と最近公式見解を示したことで話題となった。

04.
チェックイン/アウトの
時間のしばり

一般的にチェックイン(15時)、チェックアウト(11時)が多いホテル業界。けれど、As You Stayのように、利用客が自らチェックイン/アウトの時間を指定できるサービスが増えてきたことを受け、ホテル側にも柔軟な対応が求められてきた。

たとえば、ザ パティナ キャピトル シンガポールやアブサロンホテル(コペンハーゲン)では、24時間いつでも可能だったり、チェックアウトが午後2時、3時というのも少なくない。ビバリーヒルズのペニンシュラホテルにおいては、「チェックインもアウトもお客様の思いのまま」、だとフロアマネージャーは強調する。

05.
ドロワー内の「聖書」

大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの

イギリス国内のホテルインディゴでは、すでに聖書を置くことを取りやめ、Kindleを設置。そこで電子書籍化された聖書が閲覧できるようにしているという。

06.
客室内の固定電話

あるアメリカのリサーチ機関によると、米国内でホテルが利用客の通話による平均収益は定かでないらしい。というのも2000年から現在まで、8割近いホテルが「通信収益のコストについて答えたくない」と辞退したという。

今さら理由を察するまでもないが、バンクーバーのオーパスホテルのように、すでに客室内を固定電話からiPhoneへと変更するホテルもあるようだ。

07.
毎日の室内清掃

大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。