ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

コンビの名前もそこから来ている!? 「金田一少年の事件簿」大好き芸人が語る「金田一少年あるある」とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コンビの名前もそこから来ている!? 「金田一少年の事件簿」大好き芸人が語る「金田一少年あるある」とは!?

今回お話を伺ったのは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「クックロビン」のおふたり。「金田一少年の事件簿」が大好きという大井さん(右)に、「金田一少年あるある」を語っていただきました。

0562-2

コンビ名の由来になっている!?

金田一少年の事件簿」が大好きという多いさん。コンビを結成した当初、「お互いにコンビ名を考えてこよう」という話になったのだが、大井さんが金田一少年を好き過ぎた為、作中に登場した「クックロビン」という言葉をそのままコンビ名として使うことにしたという。「金田一少年の事件簿」では、それぞれの話が始まるのに際して、事件が起きて、犯人が誰かはまだ分からないという段階で、「ある程度仮の呼び名を決めなければならない」という時に、その事件に関する単語が犯人の呼称として使われるのだそう。例えば、楽団などの音楽にまつわる集団で犯罪が起きた場合は、犯人のことを「指揮者(コンダクター)」と呼んだりする。そして、大井さんは、ある話の中に登場する「クックロビン」という単語に惹かれたのだそう。

裏話

週刊少年マガジンで連載されていた「金田一少年の事件簿」。全編を通して、被害者にも加害者にも、重複なく名前が与えられている。連載が始まって4、5年ほど経ったある時、マガジンの誌上で「あなたも金田一少年に出られる」という企画が行われた。抽選で選ばれた1人の名前が、作中で使われるという企画だったのだが、それに受かった人が、その回の犯人にされてしまい、大激怒。作者や編集部と揉めに揉めたことが原因で、その手の企画はもう二度と行われなくなったのだそう………

気にしながら読んで下さい。

「金田一少年あるある」として大井さんが教えてくれたのは、物語の冒頭で登場人物が一斉に出て来た際、例えば、「事件が起きました。皆さんに話を伺わせてください」「知らないよ、僕は部屋に戻りますよ」というやり取りが行われている時、会話をしている人間たちから少し離れた所でほくそ笑んでいたり、ニヤッとしていたりする人物と、その近くに「!?」という文字が「ばん」と出るコマがあるそうなのだが、そのコマに写っている人物はほぼ100パーセント死ぬという。それが金田一少年の事件簿における死亡フラグであり、それを目にすると「あ、コイツもう消えたわ」と思うのだとか。

たまに分からなくなります

もうひとつの「あるあるネタ」として、「女性キャラクターが全員、髪と顎を隠すと一緒に見える」というものを挙げてくれた大井さん。巻数も登場人物も多い為、書き分けるのが難しいことも理由のひとつなのかも知れない。過去の話を読み返してから、最新刊を見てみると、「このキャラ、前のあいつにめちゃくちゃ似てるな」ということが良くあるのだそう。ただし、最近は逆にそれ利用して、「こことここが実は同一人物だった」という展開も出てきているらしい。「いや、それは逆手に取るなよ!」と大井さん。

コナンとの違い

最後に、大井さんは、同じ探偵漫画である「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の最も大きな違いとして、ヒロインであるみゆきが「いつまで経っても死体を見ることに慣れない」というものを挙げてくれた。毎回「きゃあ!」という悲鳴を上げたり、ふっと気を失って倒れたりするなど、「いい加減慣れろよ!」と思ってしまうのだとか………

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。