ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

子供を持つがん患者同士をつなぐコミュニティサービス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

子供を持つがん患者同士をつなぐコミュニティサービス
J-WAVEで放送中の番組「WITH」。この番組は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘病しながら、“NO LIMIT, YOUR LIFE.”をスローガンに掲げて活動している武藤将胤がお送りしています。3月10日(金)のオンエアでは、子どもを持つ「がん患者」のコミュニティサービス「キャンサーペアレンツ」主宰の西口洋平さんをお招きし、話を伺いました。

自身も、幼い子どもがいながら、「ステージ4」のがんを発症した西口さん。がん発覚後、子どもへの病気の伝え方や今後の生活についてなど、当時は多くの不安を抱えたそう。その後、手術や抗がん剤治療を経て、仕事に復帰したあとに、「キャンサーペアレンツ」を立ち上げました。

「何かの役割を与えられたと感じたんですよね。僕自身が感じた問題や課題を何かサービスとして立ち上げられないかなと考えたんです」(西口さん)

「キャンサーペアレンツ」では、ネット上で同じような境遇の人とコンタクトを取ることができ、お互いの境遇や悩みを共有することができるそう。「子どもは将来どこの大学に進むのか」「将来彼氏を連れてきたらどうしよう」などと子どもの未来について考えていたことも、もしかしたら自分は立ち会えないかもしれない、という不安に駆られたという西口さん。同じようにがんになってしまい、子どもや家族の未来に不安を抱いている人たちと会話をしたかったそうです。

西口さんは、ここでの出会いが勇気になったことも多々あったと語ります。同じ境遇にある人たちで悩みを共有することで解決はできないかもしれないですが、かなり心が楽になるのだとか。

そんな「キャンサーペアレンツ」では、オフ会も実施され、そのときはほとんどの人が初対面にも関わらず、出会った瞬間から打ち解けるほど、今ではかなり絆の強いコミュニティになっているとのこと。ALSと闘う武藤も「病気は違えど通ずる部分がたくさんあると思いました。僕も元気をもらいました!」とコメント。西口さんには次回オンエアでもお話を伺っていきます。どうぞお聞き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 26時30分−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。