体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べに行くのが困難な「あのラーメン」が 、新横浜で食べられるって本当?

春といっても、まだ花冷えの季節。温まるラーメンが美味しく感じますね。いつもとちょっと違ったラーメンが食べたいと思いませんか。

簡単に行くことができない、ハードル高めのラーメン。友人にも自慢できかつ自分の満足感も得られる、難易度の高いラーメンとは、いったいどんなラーメンなのでしょう?

【ハードル1】首都圏から片道8時間!最果ての離島「利尻島」の島ラーメン

【ハードル高めのラーメン】食べに行くのが困難なラーメンが 、新横浜で食べられるって本当?

首都圏から飛行機とフェリーを乗り継いで片道8時間の北海道にある離島「利尻島」。自然の恵み豊かな島。北海道銘菓白い恋人のパッケージにもなった利尻山は「利尻富士」と呼ばれる美しさ。質の高い「利尻昆布」でも名高いですね。

営業時間2時間半
【ハードル高めのラーメン】食べに行くのが困難なラーメンが 、新横浜で食べられるって本当?

(C) @Press/新横浜ラーメン博物館

ミシュランガイド北海道2012特別版に掲載、このラーメンを食すためにフェリーに乗るファンも多いとか。しかも、開店時間は11:30~14:00のたった2時間半。希少価値の高いラーメンで、国内では最もハードルが高いラーメンと思われます。

8割が注文する「焼き醤油ラーメン」
【ハードル高めのラーメン】食べに行くのが困難なラーメンが 、新横浜で食べられるって本当?

(C) @Press/新横浜ラーメン博物館

土地の名産「利尻産昆布」の旨みを凝縮した「焼き醤油ラーメン」。醤油ダレを中華鍋で焼いた「焦がし醤油」の濃厚なスープに、中太のモチモチ麺がよく似合います。「ミシュランガイド北海道 2012特別版 ビブグルマン」にも選出されました。日本一食べに行くのが困難なこのラーメンが、新横浜ラーメン博物館に2017年3月1日(水)より登場です。

【利尻らーめん味楽 本店データ】

店名  :利尻らーめん味楽 
所在地 :北海道利尻郡利尻町沓形字本町67
営業時間:11:30~14:00(木曜日定休)
電話番号:0163-84-3558
店主  :江刺家 美次(えさしか みつぎ)
創業  :2007年

「利尻らーめん味楽」本店は「ミシュランガイド北海道 2012特別版 ビブグルマン」に選ばれました。

xhttps://youtu.be/dobcNF5_nCM
‪【ラー博TV】日本一?行くのが困難な絶品「島ラーメン」‬/Ramen museum 新横浜ラーメン博物館

[日本一?行くのが困難な「島ラーメン」 2017年3月1日(水)「利尻らーめん味楽」が 新横浜ラーメン博物館にオープン!]

【ハードル2】ニューヨーク ブルックリンにあるラーメン店

【ハードル高めのラーメン】食べに行くのが困難なラーメンが 、新横浜で食べられるって本当?

日本国外のアメリカ・ニューヨークのラーメン店。人気のエリアブルックリンのウィリアムズバーグにあります。この一杯のために、飛行機に約13時間乗るのはハードルが高いですね。

マグロの髄の旨みが凝縮したツナコツラーメン

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。