体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【10分でできる】お店みたいな「エッグベネディクト」【今週はアボカド】

f:id:kanagohan:20170306094949j:plain

カフェみたいなブランチをわが家で

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

少しずつ暖かい日が増えてきましたね。花粉症がつらいですが、春は大好きな季節です。

さて、今週はアボカドweek! ということで、今回ご紹介するのは「アボカドエッグベネディクト」です! エッグベネディクトというと、ポーチドエッグを作ったり、オランデーズソースが難しいのでは? いえいえ、作ってみるとあら簡単。みんな大好きアボカドもたっぷりのせて。

ちなみに「オランデーズ」とは、フランス料理で「オランダ風」の料理を意味する言葉。オランデーズソースは、オランダ風のソース、という意味です。

北嶋佳奈の「アボカドエッグベネディクト」

【材料】(2個分)

イングリッシュマフィン 1個 バター 少々 アボカド 1/2個 厚切りベーコン 1cm分 卵 2個 酢 適量 ブラックペッパー、ピンクペッパー あれば少々 (オランデーズソース) 卵黄 1個 マヨネーズ 大さじ1 レモン汁 小さじ1 バター 30g 塩コショウ 少々

作り方

f:id:kanagohan:20170306094957j:plain

1. まずはオランデーズソースから。卵黄にマヨネーズ、レモン汁を混ぜる。そこにバターをレンジで20秒ほど加熱して溶かしたものを少しずつ加えて混ぜ、塩コショウで味を整える。

f:id:kanagohan:20170306095001j:plain

2. イングリッシュマフィンは半分に切り、軽くトーストしてバターを塗る。ベーコンは厚さ半分に切り、フライパンで両面こんがり焼く。小鍋に湯を沸かし、酢を加えて卵を1つずつ落として2~2分半ほどゆでてすぐに冷水にとり、ポーチドエッグを作る。

f:id:kanagohan:20170306095010j:plain

3. イングリッシュマフィンにベーコンをのせ、アボカドは薄くスライスして丸くなるよう並べ、ポーチドエッグをのせてオランデーズソースをかける。

意外と簡単なポーチドエッグもオランデーズソースも

f:id:kanagohan:20170306095016j:plain

ポーチドエッグは、酢を溶かしたお湯が沸いているところに箸でぐるぐる水流を作って、真ん中に卵を落とします。あとはお玉などで軽くまとめれば、つるんとしたポーチドエッグの出来上がり!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会