体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“キャラバン時代”のノスタルジー感じるSTG『Image Striker』古典的ながら初心者にもおすすめなバランスが光る

1985年、ゲームメーカー・ハドソン(現:KONAMI)が主催し、全国規模で展開されたゲーム大会「ハドソン全国キャラバン」。この大会における主流ジャンルとなったのが『スターフォース』、『スターソルジャー』を始めとした縦スクロールで進行するシューティングゲームで、多くの参加者達がハイスコアという名の栄光を求め、激しい得点争いに臨んだ。

ゲームコントローラのボタンを高速で連打する「16連射」の必殺技で名を馳せた「高橋名人」が誕生したのもこの頃であり、『スーパーマリオブラザーズ』の大ヒットによって起きたファミコンブームに更なる火を付けると同時に、シューティングゲームにとっても黄金期を迎え、アクションゲームに並ぶ中心ジャンルの一つとして活況を呈した。

image04
 
それから30年以上が経った現在、シューティングゲームはコンシューマ市場で新作が作られる事が珍しいジャンルになってしまったが、フリーゲーム、インディーゲーム界隈においては今なお、積極的に新作がリリースされ続けている。

今回紹介するのは、先に挙げたキャラバン時代を始め、シューティングゲームが中心ジャンルとして活況していた頃への思いを馳せた個人製作のフリゲ作品『Image Striker(イメージストライカー)』だ。

製作者はてらりん氏。2016年7月10日にパソコン(Windows、Mac)、スマートフォン(iOS、Android)向けに公開された。詳細は後述するが、パソコン版とスマートフォン版は操作周りが異なる特徴がある。

しかし、基本的なゲーム内容は双方変わりなし。「弾を撃って回避し、高得点を競う」シューティングゲームの原点を尊重し、ゲームバランスも親しみ易さを第一とする調整が図られた、キャラバン時代の香り漂うシューティングゲームに仕上げられている。

STG黄金期への思いが馳せられたゲームシステム

image05
 
シューティングゲームとしての作りは王道。画面上より迫り来る敵をショット攻撃で撃墜し、ボスの撃破を目指す。スクロールは縦方向で、先のキャラバン時代のシューティングゲームと同じスタイルを踏襲している。

ただ、システム周りは1988年にアイレムより発売された『イメージファイト』を意識したものになっている。主に両サイドおよび後方に配置できる「ポッド」、ショット性能を変化させる「ヘッドパーツ」なるアイテムで自機をパワーアップさせられるところは同作とほぼ一緒だ。作品の名前が『Image Striker(イメージストライカー)』と似通っているのもその事を象徴しており、その影響が伺える。その為、同作をプレイした経験のあるプレイヤーなら、懐かしさを覚えるかもしれない。

image01
▲参考画像:『イメージファイト』(※WiiUバーチャルコンソールで配信中。)
 
ゲームデザインに対し、ゲームモードはキャラバン時代のシューティングゲームへの影響を受けたラインナップ。数は二種類だけだが、その一つが「キャラバン」と名付けられている点で、当時のシューティングゲームをやり込んだプレイヤーの関心を引く。

肝心の内容も3分以内にどれだけの高得点を叩き出せるかを目指す、スコアアタック特化型の懐かしいやり応えに富んだ作り。「弾を撃って回避し、高得点を競う」の醍醐味を存分に堪能でき、当時のシューティングゲームに愛着を持つプレイヤーの心をときめかせるゲームモードになっている。こちらもこちらで、往年のプレイヤーであればシステム周りと同じデジャヴを覚えてしまうだろう。

image02
 
全体的に往年の名作からの影響が強く現れた作りで、独創的なシステムも無い為、新鮮味は乏しいかもしれない。しかし、非常に取っ付き易く、シューティング初心者にもオススメなゲームに完成されている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。