体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けします

アメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けします

ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないはず。

さらに言えば、ただ無人で飛ばせばいいという段階から、「ドローン宅配」が担う環境への配慮にも注目するフェーズに差し掛かっているようですよ。

ここで紹介するのは、国際物流UPSによるドローン宅配のテストフライトの模様。そこには、「アメリカならでは」の事情に配慮した宅配方法がありました。

空からちょっとお邪魔します

アメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けします UPSが現在開発中のドローン搭載専用トラック。そのメリットが最大限に発揮されるのは都市部ではなく、アメリカの農村地帯。アメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けしますアメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けしますアメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けします

ドローン本体下部に設置されたケージに配達物をセットし、宅配地のアドレスを入力。開閉式のトラックの屋根が開くと、勢いよくドローンが飛び立って行きました。

と、ここまでは従来のドローン宅配との特異性は、さして感じないことでしょう。では、今回のテスト飛行がこれまでのものと大きく異なる点はどこにあるのか?

移動しながら配送
ただし、届けるのはドローン

たとえば、昨年末に実施されたAmazonによるテストフライトの成功は、拠点となる配送センターから、送り先の住所をインプットしたドローンを飛ばすというものでした。

これに対して今回のアイデアは、拠点が移動するトラック。つまり、つねに車も移動しながら同時にドローンにも飛んでもらうということ。配送の効率性を高め、さらには燃費も二酸化炭素排出量も削減できるという算段がここにあるんだとか。

一見、宅配車と同時運行では効率が悪そうにも思えるのですが、そこにはアメリカならではの事情があります。以下の画像がもっとも分かりやすくそれを証明しているように思うのですが、いかがでしょう?アメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けしますアメリカの広〜い農耕地の宅配事情、空からドローンが最短距離でお届けします

先に断っておくと、今回の実験はフロリダ州で実施されたものですが、これよりさらに広大な農村地域が広がる場所をイメージしてみてください。それこそ地平線まで続く農場を経営している人へと配送する場合、必ずしも幹線道路から母屋までのアクセスがいいとは限らない。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。