体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「もしも」のとき、動けますか? 防災体験センターでの防災体験のススメ

「もしも」のとき、動けますか? 防災体験センターでの防災体験のススメ

災害の多い日本に暮らしているなら、いざというときに慌てず行動できるようにしておきたいもの。地域や学校、職場では定期的に避難訓練が行われていますが、災害や緊急時のことを体験しながら詳しく学ぶことができれば、より安心です。防災について体験しながら学べる施設は、実は全国各地にあります。3月11日を前に、筆者は編集部のKさんを誘い、東京・墨田区にある「本所防災館」で防災体験をしてきました。

全国の「防災体験センター」で、防災・救護体験ができる

地震、火災、水害……いつ何時、わが身に災難が降り掛かってもおかしくない災害大国の日本ですが、とはいえ、ほとんどの人は命の危機を感じるような大災害に直面したことがないのでは? 筆者もその1人。東日本大震災時に震度5弱の揺れに遭遇したことと、幼少時に家でぼやが発生したことが最大の被災体験です。どちらも大事には至っていません。

筆者が今回、防災体験センターに行こうと考えたのは、夫が職場の防災訓練の一環で、「立川防災館」で防災体験をし、私にも勧めてきたことがきっかけ。「万一のときに自分がどう行動すべきか判断しやすくなる。一度体験するのとしないのとでは、大げさだけど天地ほども違う」という夫の言葉に突き動かされたのです。

防災体験ができる施設は基本的に消防署など公的機関が運営しているので、誰でも無料で利用することができます。施設名は「◯◯防災センター」「◯◯防災教育センター」「◯◯防災館」などと違いがあり、体験できる内容も施設によって異なるので、行く際は事前に調べて予約の上、出かけましょう。

全国屈指の内容を誇る「本所防災館」で体験ツアーに参加

私がKさんと向かったのは東京消防庁・本所消防署に併設された「本所防災館」。展示内容の充実ぶりは全国屈指という施設です。一般の方をはじめ、小中学生の校外学習や企業の研修に利用されたり、外国の防災関連の方々が視察で訪れたりと、平日でも多くの人でにぎわうことが多いそう。【画像1】左:象が目印の本所消防署&本所防災館。右:楽しみながら学べるクイズコーナー。内容は結構ハイレベル!(撮影/金井直子)

【画像1】左:象が目印の本所消防署&本所防災館。右:楽しみながら学べるクイズコーナー。内容は結構ハイレベル!(撮影/金井直子)

4フロアある館内には、ガイドツアー方式で防災体験できるコーナーと自由に見学できるコーナーがあり、ツアーは1日6回、基本コースとショートコースの2種類に分かれています。私たちは基本コース(地震・消火・煙・応急手当体験+防災シアター)を予約しました。ツアーは防災インストラクターさんによる詳細な解説を交えて進められます。そのため、コース終了時点ではさまざまな防災知識が身に付いた状態になっています。

●基本コース(1時間50分)

4体験(地震・消火・煙or都市型水害・応急手当or暴風雨※)+防災シアター

※暴風雨体験は休止中でしたが、3月11日にリニューアルオープン。

●ショートコース(1時間10分)

2体験(地震・煙)+防災シアター

ツアー冒頭で、20分ほどの3.11ドキュメンタリーを防災シアターで観覧します。被災された方々が撮影した日本各地の震災動画など、今も心震わされるようなシーンが映し出されます。大震災で起こったつらい事実を改めて確認し、さらに地震と津波のメカニズムを学びます。そこで語られた「幾度もの大地震から学んで日本は強くなっていった。備えが大切だ」という言葉が心に重く響きます。

次章以降では、体験して感じたこと、学んだことを印象の強かった順に紹介します。

【体験1・地震】震度7は何もできない。身の安全の確保に専念

地震体験コーナーで震度7強を体験しました(下の動画1・2でその地震の強さをご覧ください)。

経験したことのない揺れの強さに抗うことができず、テーブルの下に潜り込むだけで精いっぱい。何もできない状態に恐怖心が襲ってきます。

途中、家具に見立てたスポンジが落下しますが、本物の家具が倒れてきたら確実に人を襲う“凶器”になります。家具の転倒防止対策、さらに、ガラスの飛散対策(飛散防止フィルム・ガラスを踏んでも大丈夫な履物など)が大切だと気づきます。【動画1】震度7強ってこんなに!? 揺れが収まるのを待つことしかできません(撮影/SUUMOジャーナル編集部)※注意:動画再生時には音声が流れます【動画2】Kさん目線の体験映像。本物の家具が転倒したら…ぞっとしますね(撮影/SUUMOジャーナル編集部)※注意:動画再生時には音声が流れます

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。