ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ポケットに入れて持ち運べちゃう♪エコなコンセプトのテント風ポータブルハウスがステキ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Martín Azúa家から一歩出ると、たくさんの人々や様々な製品に囲まれている都市生活。

突然、「プライベートな空間がほしい」なんて思うことはありませんか?

自分だけの「ハウス」を自由に持ち運ぶことができたら…。
そんな願いが形になったようなアート作品「ベーシックハウス」を紹介します。

MoMAの常設コレクション♪

この作品を制作したのは、バルセロナを拠点とするデザイナーのMartín Azúaさん。

彼はこの作品を通して、「家をポケットに入れておくということは、私たちが消費生活と距離を置くこと」を表現しているのだそう。
それは「先進諸国において、製品の飽和はすでに進歩の兆しではなく、地球の脅威になっていることは明らかだ」と感じているからなのだとか。

「ベーシックハウス」プロジェクトは、2007年からニューヨーク近代美術館(MoMA)の常設コレクションの一部となっています。

ポケットに入るほどポータブル☆

「ベーシックハウス」を広げると、風をはらんで大きく膨らみます。
最先端技術で作り出された素材はふわりと風に浮かぶほど軽く、折りたたむとポケットに入れて持ち運べるほど小さくなります。

どんな季節も快適な理想空間♡

広々とした内部は、立ち上がったり寝転んでも大丈夫。

金属化ポリエステルから作られた特殊な素材は、寒いときにはしっかりと熱を閉じ込め、暑いときには内部を冷たく保つことができるのだそう。
どんな季節でも快適に過ごせる理想の空間です♡

「ほとんど何も持たずに、すべて(の自由)を持っている」という哲学的な作品。
彼の作品が気になる方は、ぜひチェックしてくださいね♪

Martín Azúa
http://www.martinazua.com/

Instgram (martinazua)
https://www.instagram.com/martinazua/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。