体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google/Samsung、SoCをTI OMAP 4470にアップグレードしたGalaxy Nexusを開発中?

デジタル・IT

OpenGL ES 2.0のベンチマークアプリ「Nenamark2」の公式サイトに、PowerVR SGX 544をGPUに使用したGalaxy Nexusのスコアが登録されていたことから、SoCをアップグレードしたGalaxy Nexusが開発されているといった噂が流れています。既存のGalaxy Nexusに搭載されているSoCはTI OMAP 4460で、GPUにはPowerVR SGX 540が使用されています。PowerVR SGX544はOMAP 4シリーズの最上位モデル「OMAP 4479」に使用されていることから、アップグレード版でもTIのSoCが使用されていると仮定した場合、SoCはOMAP 4470と予想されます。OMAP 4470は既存のOMAP 4シリーズと同じく45nmプロセスで製造されます。CPUはデュアルコアARM Cortex A9でクロック周波数は最大1.8GHz。GPUはPowerVR SGX540よりも2.5倍高性能とされるPowerVR SGX 544(シングルコア)、2D処理用にARM Cortex M3コアを2つ搭載。RAMはデュアルチャネル 466MHzのLPDDR2。このSoCは2011年下半期よりサンプル出荷が行われており、2012年上半期中には製品として市場に出てくると言われています。Source : NenamarkDroid Life

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会