ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

車の盗難で狙われるのはプリウスとハイエース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
車の盗難で狙われるのはプリウスとハイエース

2003年をピークに減少傾向の車の盗難事件。しかし、決してゼロにはなりません。車の盗難を専門とするプロの窃盗団が暗躍。自動車メーカーがどんなに対策をしても必ず破られてしまうといいます。車の盗難で狙われるのはプリウスとハイエース。その手口と対策を見ていきましょう。

車の盗難件数が最も多いプリウス

今、1番盗難に遭っている車はトヨタ・プリウスです。そして、2013年まで7年連続ワースト1位だったトヨタ・ハイエースが2014年からは2位になっています。いずれも狙われるのは最新型の車種です。

現在、最も盗難件数が多いプリウスは海外に売られたり、台数が多いことから犯罪の足に使われるケースが多いといいます。プリウスはイモビカッターやキープログラマーによってエンジンを不正に始動されてしまう代表車種です。

2004年頃から車の盗難防止で広く導入された、キーとIDを照合させるシステム・イモビライザー付き車両でも盗まれているのはご存知の通り。イモビカッターにより多くの車が盗難されました。

2014年頃から広まっている新たな手口がキープログラマー。スマートキーを制御するコンピューターを解除してエンジンをスタートさせる装置です。

車の盗難対策に物理的にロックする

キープログラマーの解除には早くても20分程度かかるので、いかに早く異常に気づいて警報を発したり防犯用LEDライトを点滅させるかが盗難対策のポイント。三角窓を割って車内に侵入する事件が多いので、衝撃に対する警報機などが有効です。

ハイエースは作りの頑丈さや利便性で海外で人気のある車種。盗難された後は、一旦解体されて海外に送られ、現地で組み立て直されるため、被害に遭ったらお手上げ。LEDヘッドライトなどのパーツを盗まれる事件も多いようです。

最新形式の200系ハイエースは、一部ではスマートキーを装備しており、キープログラマー対策も必要です。タイヤ自体を動かなくするタイヤロックや、ハンドルを物理的に動かなくするハンドルロックもシンプルですが車の盗難対策に効果的です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。