ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

未経験から目指せる「保育」の仕事カタログ3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170302174509j:plain

「転職したいけど、私ってどんな仕事が合っているんだろう?」「気になるあのお仕事、どうやったらなれるの?」「転職したらお給料下がるかな?あの職種っていくらくらい稼げるんだろう?」

そんな疑問にお答えしてこの度、編集部厳選の「未経験から目指せる!人気お仕事」を集めました。

転職サイトや求人誌ではなかなか見つからない職業のなり方、教えます!

今回は「保育に関する仕事」をご紹介。

予測不能に動き回るこどもが相手の仕事なので、観察力と臨機応変な対応ができる人にオススメです。また、こどもの成長に関われるので、やりがいはバツグン。

保育士

保護者に代わって子どものケアをする

●仕事内容

厚生労働省の児童福祉法にもとづく職種で、保護者に代わって乳幼児の保育に携わる。食事、トイレなど身の回りの世話や、集団での遊びを通して生活習慣や社会性を身につけるのを助ける。また、保護者の子育てに関する相談にも対応。

●収入の目安【17 万円〜/月】

保育所で働く場合の初任給の目安は月収17万円程度〜、アルバイト勤務の場合は時給900円程度〜。

●向いている人

一度に数人の子どもたちを世話するので、一人ひとりの行動など、ちょっとした変化も見逃さない、きめ細かな観察力のある人が求められる。

●なるには

保育士の国家資格が必須。国が指定する専門学校などを卒業すれば取得できるが、保育士試験に合格して取得する方法もある。幼稚園教諭の免許をもっていると、一部試験科目が免除される。職場は保育所のほかに母子生活支援施設、乳児院、知的障害者施設、公共の施設内の託児所など幅広い。

ベビーシッター

働くお母さんをサポート

●仕事内容

依頼者の家に出向いて子どもの世話。母親の留守中でも子どもを寂しがらせることなく、一緒に遊んだりして過ごす。食事やお風呂の世話、保育園や習い事の送り迎えなどを任されるケースもある。

●収入の目安【900 円〜/時】

ベビーシッター会社に登録して働く場合の時給は900円程度〜。

●向いている人

子どもが好きなことは絶対条件。責任感が強く、依頼者である母親からの信頼を得られるような対応や話し方のできる人が求められる。

●なるには

幼児の食事、急病とケガの応急手当などの知識が必要なので、スクールの養成講座で学ぶといい。主な働き方は、ベビーシッター会社への登録。採用の際、保育士などの資格があると有利な場合も。ベビーシッターの仕事現場は個人の家庭だけではなく、託児サービスを実施しているコンサートホールや劇場などに派遣されるケースも。

チャイルドマインダー

幼児保育の専門家として子どもをケア

●仕事内容

子どもの個性や各家庭の教育方針に合わせた個別保育を行う幼児保育の専門家。歯磨きや食事など子どものしつけにもかかわる。イギリスでは資格制度が確立されている専門職となっている。

●収入の目安【30 万円~/月】

自宅で保育ルームを開業し、軌道にのれば月収30万円以上も可能。

●向いている人

子どもが好きで、保護者の信頼が得られるような対応ができる人。子どもの成長を支える仕事なので、勉強を欠かさない熱意と向上心のある人。

●なるには

スクールの養成講座で幼児・小児のための救急救護法、しつけ、乳幼児保育などの知識と技能を身につける。修了後、各スクールの認定試験に合格して資格を取得する。働き方はフリーでの活動。依頼者の家に出向いての訪問保育や、自分の家で子どもを預かってケアをする。自宅で保育ルームを開き、複数の乳幼児の保育にあたる人も。

いかがでしたか?気になるお仕事は見つかりましたか?

新しい未来を手に入れるために、今、一歩踏み出してみては?

次回は、「語学」に関わるお仕事を紹介。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年3月時点での情報を基に作成しています。

※「収入の目安」は各団体、スクール、就業者への取材、「稼げる資格2016」をもとに「ケイコとマナブ」編集部が算出しています。これらはあくまで目安であり、個人差があります。

関連記事リンク(外部サイト)

未経験から目指せる「福祉」の仕事カタログ 6選
職業カタログ~未経験から目指せる「医療」の仕事7選~
【稼げる資格】実例インタビュー 「好き」が「仕事」に。「キレイになりたい」を叶えるメイクの資格

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。