体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

東日本大震災から6年。

自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど備えられているか。

まずは自分を含めて家族が一週間暮らせる備蓄について、1995年の阪神・淡路大震災でご自身も被災経験を持つ防災クッキングアドバイザー、鈴木佳世子さんに話を聞いた。

防災食は
「命と心をつなぐ」もの。

いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

温かいものを食べる、いつもと同じような食事をする、基礎栄養素を摂る、といった「ふつうの食事」がどれほど被災者の心を救うかを身をもって体験した鈴木さんは、セミナーや講演の際、あえて強い表現を使うという。

まず鈴木さんは、緊急時に備えて、ふだんの食材選びを紹介してくれた。テーマはずばり「自宅にある食材だけで家族が一週間暮らせる備蓄」。いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

とはいえ、単純に大量の食材を備蓄しておくのは容易ではない。しかし難しく考えすぎることもなく、普段の食事にも活かせて、かつ万が一の時にも役立つような食材をストックしておけば良いだけのことだと言う。

・食べるために包丁が要らない
・常温で保存可能
・軽くて持ち運びやすい
・栄養が摂れる
・火がなくても食べられる

そんな条件を叶えてくれるもの、それは「乾物」

例えばわかめ、切り干し大根、高野豆腐、お麩、乾麺、クスクス、雑穀、もっと身近な米や餅も乾物なわけで、普段の買い足しと防災食を兼ねた食材の両立も、難しくはなさそうに思えてきた。

大切なことは、被災時に初めて乾物を使う、なんてことがないように、普段から食べ慣れておくこと。日頃の買い足しが、そのまま備えになると思えばハードルはぐっと低くなる。

ただ、水分は忘れずに1週間分を確保しておきたい。いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」

年齢によって必要量が異なるが、一般的には

「体重 ×(A)=1日に必要最低限の水分量(ml)」

と言われており、Aに当てはまるのが幼児なら100〜120ml、こどもは50〜100ml、成人は50ml。例えば体重50キロの成人なら、50kg × 50ml =2,500→1日2.5リットルの備蓄が必要、となる。

非常時の調理方法は
定期的に練習を。

乾物は調理が簡単とはいえ、火が思うように使えなかったり、洗い物がままならない状況での調理はどうしたらいいのだろうか?

もしもカセットコンロなどでお湯が沸かせる場合は、お湯を活用した湯煎(ゆせん)料理が良いという。いつの日か起きる大災害に備えを。今あるものだけで家族が1週間暮らす「防災クッキング」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。