体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Hilcrhyme、映画『春夏秋冬物語』先行試写会でミニライブ&トークショー

4月8日(土)より全国の劇場で公開される、Hilcrhymeの名曲「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』。その先行試写会が3月9日(木)に渋谷EUROLIVEにて開催された。
3月9日(木)@渋谷EUROLIVE (okmusic UP's)
会場にはラジオのリスナー招待で集まった約150人が集結。進行役のMCが注意事項を伝えた後、早速、映画が上映された。昨年12月11日の東京ドームシティ公演の模様を絡めながら、ストーリーが展開していくLIVE&ドラマという形態の同作品。様々なシーンに楽曲の歌詞の一節だったり、サウンドがリンクしているのも見どころのひとつだ。また、映画が本邦初公開となった同時に、台本を見て書き下ろしたという主題歌の「アフターストーリー」が初めてファンの耳に触れたことも特筆すべきところだろう。「春夏秋冬」の10年後が設定ということで、ファンは歌詞やメロディーなど重なる部分があることに気付いたはず。

上映後、まずはHilcrhymeのミニライヴがスタート! “15分間ライヴをやるんだけど、ここだけ立ちませんか?”というTOCの言葉に促されて、観客は全員スタンディングに。メンバー自身が映画の中で印象深かったシーンでかかっていた曲を演奏するというコンセプトをもと、DJ KATSU選曲の「パラレルワールド」、TOC選曲の「押韻見聞録」が披露される。特に「押韻見聞録」はライヴの定番曲でもあるだけに、会場は盛大に盛り上がり、ここが映画館であることを忘れるほどだった。そして、最後は“この曲に振り回されていた時期もあったけど、今は続編が書けるにまでなった”とTOCが語っていた、同映画のモチーフになっている「春夏秋冬」。そのハートウォームな音像が会場を全体を包む中、観終わったばかりの映画の様々なシーンを想起させるのだった。

ミニライヴが終わると次はトークショー。メンバーは進行役のMCの質問に答えていく。LIVE&ドラマという同映画については“ここまでリアルとフィクションが混ざり合うのは新しい試みなんじゃないかな” (DJ KATSU)と話し、撮影現場を表敬訪問した際のエピソードなども語った。また、「アフターストーリー」については“2人で話し合いながら一つ一つ組み立てながら作っていった特殊な曲で、ほんとにいい曲ができたなって。「春夏秋冬」と同じぐらいの広がりを見せてくれたらなって思ってます”(DJ KATSU)とコメントし、最後に3月25日(土)に朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターにて開催される結成10年公演について振られると“想いが大きすぎてうまく言えないけど、Hilcrhymeを120パーセント楽しんでいただける一日にしたいと思ってます”(TOC)と意気込みを語った。

そんなミニライヴ&トークショーの後は、観客が歓喜の声をあげた写メ大会に! 観客が撮影したふたりの写真は#春夏秋冬というハッシュタグ付きで、映画や「アフターストーリー」の感想と一緒にSNSで拡散されていることだろう。最後に全員での記念撮影があり、この日の先行試写会は幕を下ろしたのだった。

なお、同映画の主題歌である「アフターストーリー」は4月12日(水)より始まるテレビドラマ(MX)『今夜もLL(LIVE&LOVE)』のオープニングテーマにも決定しており、同曲は朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターでのライヴで初披露されるとのことだ。

【セットリスト】

1. パラレルワールド

2. 押韻見聞録

3. 春夏秋冬

■映画『春夏秋冬物語』公式ページ

http://www.universal-music.co.jp/cinema/shunkashuto2017/

■Hilcrhyme 10周年特設サイト 

http://sp.universal-music.co.jp/hilcrhyme/10th/

■Hilcrhyme オフィシャルHP 

http://hilcrhyme.com/top.php

「映画『春夏秋冬物語』Hilcrhymeトーク&試写会TOUR」
3月13日(月) 名古屋Electric Lady Land 

開場 18:30 / 開演 19:00

3月14日(火) 大阪OSAKA MUSE 

開場 18:30 / 開演 19:00

3月16日(木) 新潟 NIIGATA LOTS 

開場 18:30 / 開演 19:00

映画『春夏秋冬物語』
監督:園田俊郎

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。