体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリゲアドベンチャー『キュノロドンの牢獄』秘密を抱えた死刑囚たちと、ささやかな交流を。

今回紹介するのは、教会のシスターとなって、3人の死刑囚に施しをするアドベンチャー・フリーゲーム『キュノロドンの牢獄』です。シスターが死刑囚に与えた物や言葉によって、エンディングや後日談が変化するマルチエンディングの形式になっています。1周は10分程度で終わるため、周回プレイ推奨のゲームです。

死刑囚たちの秘密が明らかになったり、死刑囚たちのその後の運命が、プレイヤーの選択した行動に左右されるような展開が魅力の作品です。なお、制作者曰くジャンルは「囚人に救いを与えたいゲーム」となっています。

秘密をもった訳ありの囚人たち

プレイヤーは、死刑囚に施しをする教会のシスター「エナ」として牢獄を訪れます。最初の日は牢獄の看守に案内され、死刑囚たちと顔合わせ。その後、死刑執行までの3日間、施しを与えるため牢獄に来ることになります。

image01
1つめの牢屋にいたのは、若く落ち着いた雰囲気の、クレイオスという名前の青年。言葉遣いは丁寧ですが、その瞳はどこか淀んでいます。罪状は主君への反逆とのこと。
 
image03
2つめの牢屋には白髪に赤目という、アルビノの特徴をもつ美しい容貌の少年がいました。名前はないが、「コキノ」と呼ばれていたため、それでいいと言います。明るく無邪気な様子ですが、罪状は売淫です。
 
image09
最後の3つめの牢獄には、体中に傷跡をもつ男性。ぶっきらぼうな話し方で、名前は「ダモン」と名乗ります。罪状は詐欺。
 
image05
無口で真面目な牢獄の看守。ゲーム中で話しかけても、ほとんど言葉を発しません。
 
image10
プレイヤーが操作するシスターのエナ。教会から任されたというだけでなく、本人も献身的で優しい性格をしています。

与えるものによって変わる反応。周回プレイで情報収集

施しをする3日間、エナは教会から毎日寄付金1000Gを受け取り、施しとして持っていく物を街で購入します。その後に牢獄へ移り、死刑囚たちに施しを与えるというのがゲームの流れ。

与えた物にはすべてキャラクターごとに違った反応が用意されています。中には好物や、特別な反応を返すものも。メッセージスキップ機能もあるので、周回プレイで情報を集めていきましょう。
 
image07
牢獄とは対照的に騒がしい街中。若干高価ですが、少し特別なものも買えます。
 
image02
年相応に甘い物が好きなコキノ。素直に喜ぶ姿には可愛げがあります。
 
image08
あるアイテムに、ほかの人とはあからさまに違う反応を示すダモン。なにを思ったのでしょうか。

死刑囚たちがたどる運命は、あなた次第

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。