ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スマホでもPCでも遊べる『Hidden Folks』動く手書きの絵本世界で、隠れたターゲットを探し出せ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回紹介するゲームは、イラストレーターのSylvain Tegroeg氏とゲームデザイナーのAdriaan de Jongh氏が共同して制作した『Hidden Folks』。
image00

本作はPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて798円、およびAppstoreでスマートフォン(iOS)版が480円で販売されており、日本語にも対応している。本作でまず目を引くのが、手書きで描かれたイラストの世界で動くオブジェクトやキャラクターだ。

image01
 
Hidden Folksを日本語に訳すと「隠れた人たち」という意味になる。このゲームでは、一見、何もないように見える場所でも、木の茂みをタップすることでサルが落ちてきたり、テントの中に隠れていたりと、様々なアクションが用意されている。探す目的じゃなくても、つい色々なところをタップしてみたくなる仕掛けが満載だ。

画面下には探すターゲットたちが表示されている。見つけにくい時は、クスリと笑えるヒントを頼りにしよう。ゲームの進行はモノクロの状態で進んでいくが、気分を変えたい時は「セピアモード」や「夜間モード」で色調が変更が可能だ。

なお、本作で鳴る効果音は全て口と声のみで構成されている。その数は960種類以上、と効果音を聞いているだけでも楽しめる。また、探すターゲットは200種類以上、タップできる仕掛けも200種類以上、そして15種類以上のエリアを現在遊ぶことができる。更なるエリアや機能については今後追加されていくとのことで、引き続きチェックしておきたい作品だ。

[基本情報]
タイトル:Hidden Folks
制作者: Adriaan de Jongh / Sylvain Tegroeg
対応OS: iOS/PC
価格: ¥480/¥798

ダウンロードはこちらから

関連記事:

幼きロボットと博士が交わした”約束”の物語『OPUS: The Day We Found Earth』
『Downwell』のアクションに込められた複数のファンクションについて考える
ゲームアワード最多ノミネートの注目作『Virginia』 失踪事件の裏でFBI新人捜査官に課せられた「重大な任務」の謎とは?

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。