ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

災害時にも役立ちそう!難民のためにつくられた“テントになるジャケット”が画期的

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

adiffbrand/Instagram大きな災害が起きたときなどに備えて防災グッズを常備しているという方も多いと思います。

水や食料、懐中電灯、救急セットなどはもちろんですが、雨風をしのげてプライバシーも確保できるテントは意外と重要です。

そこで、かさばりがちなテントを手軽に持ち運べるグッズを見つけました。

テントになるジャケット「Tent-Jacket」

22歳のデザイナー、Angela Lunaさんが開発したのはテントになるジャケット「Tent-Jacket」。

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 4月 28 5:19午前 PDT

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 4月 28 8:10午前 PDT

その名の通り、使用しないときはジャケットとして防寒に役立ちます。

大きさは大人2人が入れるサイズのものと、大人2人と子ども3人の計5人用の2種類。

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 4月 26 6:36午後 PDT

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 4月 27 4:38午前 PDT

テントの“枠”部分は背中に背負うスタイルなので、このジャケットを着ていれば、いつでもどこでもテントを立てることが可能です。

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 3月 19 4:34午後 PDT

「難民に快適な住居を提供したい」

実はこのテントは、家を失って逃げなければいけない中東難民のために、少しでも快適な住居を提供したいという想いでつくられたそう。

Lunaさんが立ち上げたADIFFという会社では、ほかにも寝袋になるジャケットやバックパックになるジャケット、浮袋付きのジャケットなど、多目的に使用できるアイテムを開発しています。

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 4月 27 5:09午後 PDT

Adiffさん(@adiffbrand)がシェアした投稿 – 2016 4月 27 6:47午前 PDT

「Tent-Jacket」は現在プレオーダーの受付準備中。

一般販売後の価格は200~400ドル(約2万3000~4万6000円)を予定しているとのこと。

気になる方はぜひADIFFのサイトをチェックしてみてください。

ADIFF
https://www.adiff.com/

Instagram (@adiffbrand)
https://www.instagram.com/adiffbrand/

テント(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。