体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだまだ恋しい“あったか~い鍋”。自宅でつくれる世界の鍋料理3選

まだまだ恋しい“あったか~い鍋”。自宅でつくれる世界の鍋料理3選

だんだんと春めく今日このごろですが、まだまだ恋しい“あったか~い鍋”。とはいえ、定番の鍋料理には、そろそろ飽きるころではないでしょうか。そんなときは、簡単かつ“異国情緒を味わえる鍋”なんていかが? 書籍『世界の鍋 いつもと違うごちそうレシピ厳選29』の著者・服部直美さんに、日本の土鍋やホーロー鍋でつくれる、服部さんおすすめの鍋レシピを聞いてみました。

エスニックな香りが食欲をそそる、タイの「チムチュム」

タイでよく知られる鍋のうち、東北地域の郷土料理として親しまれている「チムチュム」は、服部さんも家でよくつくるお気に入りなんだとか。

「野菜と肉をたっぷり使うチムチュムは、『バイマックルー(こぶみかんの葉)』や、『バイホラパー(タイバジル)』などでエスニックな香りと一緒に楽しむ鍋です。こうしたタイならではの食材は、アジアンスーパーやネットでも購入できます。本場では素焼きの鍋を炭火で熱しますが、土鍋で代用してもOKです」(服部さん、以下同)

<材料/4人前>

【具材】

空芯菜…1束

白菜…1/4カット

チンゲン菜…1束

牛肉…200g

鶏肉…200g

春雨…50g

【スープ】

鶏がらスープ またはコンソメスープ…1200ccの水に溶かす

カー(タイのしょうが。日本のしょうがでも代用可能)…スライス2枚から3枚

レモングラス …5㎝

塩…少々

バイマックルー(こぶみかんの葉)…2枚から3枚

バイホラパー(タイバジル)…2枚から3枚

【タレ】

乾燥させたタマリンド(タイのフルーツ)もしくはレモン …適量

プリックポン(タイの唐辛子)…小さじ1

バイマックルー …2枚から3枚

ナンプラー …中さじ1

砂糖…少々【画像1】スープに使うバイマックルーやレモングラスといったタイハーブ(左下)は、タイ料理に欠かせない。また、牛肉と鶏肉の両方を入れるのだが、卵を混ぜてから鍋で煮込むのがタイ流鍋のポイント(右下)。「卵でお肉が柔らかくなる」そうで、その真偽のほどは……ぜひ実食でお試しあれ!(写真撮影/森カズシゲ) 【画像1】スープに使うバイマックルーやレモングラスといったタイハーブ(左下)は、タイ料理に欠かせない。また、牛肉と鶏肉の両方を入れるのだが、卵を混ぜてから鍋で煮込むのがタイ流鍋のポイント(右下)。「卵でお肉が柔らかくなる」そうで、その真偽のほどは……ぜひ実食でお試しあれ!(写真撮影/森カズシゲ)【画像2】鍋にスープの具材を入れて火にかけ、沸騰したらバイホラパーを投入。具材を入れて火が通れば完成(写真撮影/森カズシゲ) 【画像2】鍋にスープの具材を入れて火にかけ、沸騰したらバイホラパーを投入。具材を入れて火が通れば完成(写真撮影/森カズシゲ)【画像3】チムチュムのタレは、みじん切りにしたバイマックルーとナンプラーの香りが、さらにエスニック感を演出(写真撮影/森カズシゲ)

【画像3】チムチュムのタレは、みじん切りにしたバイマックルーとナンプラーの香りが、さらにエスニック感を演出(写真撮影/森カズシゲ)

<味の感想>

具材だけみると、日本の鍋でもよく使われるものばかりですが、バイマックルーやレモングラスを入れることにより、一気にアジアンな香りになります。肉だけではなく魚にも応用が利きそう。

タレが決め手のイタリア版おでん「ボリート・ミスト」

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会