体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「電話めんどくさい」陣痛中にだらしなさと人見知りを発揮!?ギリギリまで家にいた結果… byもづこ

出産予定日から2日目の夜、ついに前駆陣痛らしきものが始まりました。 前回のエピソード:連夜のこむら返りで「イダダダ!」に慣れっこな夫も大慌て!もしかしてこれは…陣痛!? byもづこ

陣痛カウントアプリで測ると、はじめは不規則だった痛みがしだいに規則的になってきているのがわかりました。

病院からは「陣痛が7~8分間隔になったら電話」と言われていたのでそれまでひたすら耐えるのみ…。f:id:akasuguedi:20170221104602j:plain

時間はいつしか深夜になり、いよいよ感覚は8分おきに。

不思議なもので、こんな状態でも頭は意外と冷静で持ち前のだらしなさと人見知りを発揮していました。

高齢だと痛みに鈍くなるとかあるんでしょうかね…。f:id:akasuguedi:20170221104612j:plain f:id:akasuguedi:20170221104624j:plain

とはいえ、痛みが再び襲ってくると唸ってしまうので痺れを切らした夫に

「電話したほうがいいって!」

と促されようやく電話、病院へ向かうことになりました。

念のため事前に陣痛タクシーを予約していたのですが、病院が家から徒歩10分位だったのとまたも「電話がめんどくさい」という理由で歩いて向かうことに。

しかしこの選択はすぐに後悔することになるのでした…。

f:id:akasuguedi:20170221104634j:plain

夫に支えてもらって外に出ると予想以上の寒さ!

定期的に襲ってくる痛みにはなんとか耐えられるものの

「刺激で破水するかも…」

と気が気ではなく、いつもなら10分程の道が永遠に感じました…。f:id:akasuguedi:20170221104644j:plainf:id:akasuguedi:20170221104655j:plain

やたらのんびりとした警備員さんに案内されてようやく産科にたどり着くと早速検査。

子宮口が6cm開いてるという事でそのまま入院となりました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。