ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

五条川・鶴舞公園など愛知の桜の開花時期・見頃まとめ2017

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
木曽川堤

もうすぐ春ですね♪

春のワクワクする気持ちを盛り上げてくれるのがやはり満開の桜の景色。

東海には桜の名所が多く、この時期は花見目当てにお出かけする人も多いんです。

例年ニュースで開花情報が流れますが、桜の開花期間は一年のうちたった1週間ほど。

満開の桜を狙って行くなら早めの計画が大事です。

今回はそんな桜名所の中から愛知県内の桜名所をご紹介します。

名古屋城や鶴舞公園、岡崎城など有名な桜名所から、定光寺、五条川など休日にゆったり行きたい名所まで、開花時期や見どころをまとめました!

記事配信:じゃらんニュース

岡崎城&岡崎公園【岡崎市】

見頃/3月下旬~4月上旬

岡崎城 乙川河川敷と伊賀川堤からは、天守と桜を同時に見ることができる岡崎公園 乙川沿いには桜並木も。枝を広げた桜が覆い、まるで屋根のよう岡崎城 岡崎城を乙川の対岸から眺める景色は、ベストビューのひとつ!岡崎城 全国でも屈指の美しさといわれる夜桜。例年約60万人が訪れる岡崎城 ライトアップされた川沿いの桜並木を通って岡崎城へ岡崎公園

公園内には約150軒の屋台がずらり。食べ歩きも楽しい

岡崎城跡を整備した公園内および乙川、伊賀川堤一帯まで桜が埋め尽くします。

開花時期にはライトアップも行われ、桜まつりも開催。

特に4/9の「家康行列」は必見!

岡崎城は徳川家康公が誕生した有名なお城。

明治の廃城令によって取り壊されたものの、城址を保存するために公園として整備されました。

1880年には旧藩士らが「市民に憩いの場を」と、桜の植樹を開始。

1959年に3層5階の天守閣も再建され、現在では「日本さくら名所100選」「日本の歴史公園100選」などにも選定されています。

本数/ソメイヨシノなど約800本

ライトアップ/あり(3/24~4月上旬の18時~22時)

イベント/「岡崎の桜まつり」4/1~15、「家康行列」4/9

ここにも注目!

【グレート家康公「葵」武将隊】グレート家康公「葵」武将隊

グレート家康公「葵」武将隊

徳川家康、酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政など、歴史の舞台で活躍した武将で結成。

岡崎公園で毎日いずれかの武将に会える!

[園内おもてなし]基本的に毎日

[グレート演武]土日祝の11時~と14時~ 岡崎城&岡崎公園

TEL/0564-23-6216(岡崎市観光課)、6217(岡崎市観光協会)

住所/岡崎市康生町(岡崎公園)

アクセス/電車:名鉄本線東岡崎駅より徒歩15分

車:東名岡崎ICより10分

駐車場/150台(30分100円)ほか、臨時P500台

「岡崎城&岡崎公園」の詳細はこちら

犬山城【犬山市】

見頃/3月下旬~4月上旬

犬山城

2004年までは成瀬家の個人所有だった犬山城。

現在城内に植えられている桜は、成瀬家の東京の自宅にあった桜から分け木して、1961年~1965年にかけて植えられたそう。

現在では春の犬山にとって桜は欠かせない存在として親しまれています。

春になると国宝犬山城と木曽川河畔に約500本の桜が咲き誇ります。

また、ユネスコ無形文化遺産に登録された犬山祭では、13輌の車山が城下町や桜並木を練り歩き、絢爛豪華で美しいですよ。

お花見人力車

3/29~4/9の期間、名古屋よしもとの若手芸人が車夫になって、木曽川遊歩道の桜並木を駆け抜けます。

笑いを交えた観光ガイドは必聴!当日受付で10分1000円。※定員2名

お花見人力車

風流お花見船

3/29~4/9に実施。遊覧船に乗って、木曽川から桜並木や国宝犬山城の雄姿を眺められます。

10時~最終15時まで出航。当日受付で大人500円・子ども100円です。

風流お花見船

本数/ソメイヨシノなど約500本

ライトアップ/なし

イベント/「犬山祭」4/1・2犬山祭

からくり人形を備えた豪華な車山が巡行する犬山祭 犬山城

TEL/0568-61-1711(国宝犬山城)

住所/犬山市犬山北古券65-2(国宝犬山城)

営業時間/9時~17時(最終入場16時30分)

料金/犬山城入場料大人550円、小中学生110円

アクセス/電車:名鉄犬山線犬山駅より徒歩20分

車:名神小牧ICより25分

駐車場/140台(1回500円)

「犬山城」の詳細はこちら

名城公園&名古屋城【名古屋市】

見頃/3月下旬~4月上旬

名城公園

名城公園は昭和30年代~50年代頃にかけて段階的に整備され、その過程で市民の目を楽しませる目的で、四季折々の花の樹木が植えられました。

約800本のソメイヨシノが咲き乱れ、名古屋城と満開の桜をさまざまな角度から楽しめます。

アクセスが良く、子ども広場などもあるので、混雑必至。

早朝から場所取りがベターです!

また、名古屋城は戦後、観光地としての発展を目的としてたくさんのソメイヨシノが植えられたといわれ、名古屋城一円では10種類の桜が開花し、中には4月下旬頃に緑色の花をつけるギョイコウも。

3月25日~4月9日は19時30分まで開園時間を延長してライトアップも行われます。

本数/名城公園:ソメイヨシノなど約800本、名古屋城:ソメイヨシノなど約1000本

ライトアップ/名城公園:ぼんぼりライトアップ3月下旬~4月上旬の日没~21時、名古屋城:ライトアップあり(3/25~4/9の日没~19時30分)

イベント/名城公園:「春の花まつり」(4/1~30)、名古屋城:「名城桜まつり」(3/25~4/9)

ここにも注目!

【名古屋おもてなし武将隊】

名古屋にゆかりのある6人の武将(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、加藤清正、前田慶次)と、4人の陣笠隊で結成。いずれかの武将と陣笠隊が毎日名古屋城に出陣!

[出陣]基本的に毎日

[おもてなし演武]土日祝の11時~と14時30分~名古屋おもてなし武将隊

(c)2009 Nagoya Omotenashi Busho-Tai Secretariat 名城公園

TEL/052-913-0087(名城公園フラワープラザ)

住所/名古屋市北区名城1-2-25

営業時間/入園自由

料金/無料

アクセス/電車:地下鉄名城線名城公園駅より徒歩2分

車:名古屋高速黒川ICより10分

駐車場/現在工事中(完成日未定)

「名城公園」の詳細はこちら

名古屋城

TEL/052-231-1700(名古屋城総合事務所)

住所/名古屋市中区本丸1-1

営業時間/9時~16時30分

アクセス/入場料高校生以上500円

駐車場/520台(30分180円)

「名古屋城」の詳細はこちら

鶴舞公園【名古屋市昭和区】

見頃/3月下旬~4月上旬

鶴舞公園

名古屋屈指の桜の名所として知られ、毎年10万人が訪れる

諸説あるものの、大正時代には桜が植樹された記録が残されている鶴舞公園。

1952年には戦後初めて桜林がライトアップされ、多くの人で賑わいを見せたそう。

その後も何度か桜の植樹が繰り返され、今では名古屋を代表する花見名所に。

噴水塔周辺を中心に桜が咲き、最盛期はぼんぼりが点灯。

3/22~4/9にはビアガーデンも登場し、昼夜問わず賑わいをみせます。

駅からすぐのアクセスの良さも魅力。

本数/ソメイヨシノなど約750本

ライトアップ/あり(3/24~4/6の18時~21時30分)

イベント/「鶴舞公園花まつり」(3/24~6/11) 鶴舞(つるま)公園

TEL/052-733-8340(名古屋市緑化センター)

住所/名古屋市昭和区鶴舞1

営業時間/入園自由

料金/無料

アクセス/電車:JR・地下鉄鶴舞駅徒歩すぐ

車:名古屋高速吹上西出入口より5分

駐車場/あり※台数未定(30分180円)

「鶴舞公園」の詳細はこちら

山崎川 四季の道【名古屋市】

見頃/3月下旬~4月上旬

山崎川 四季の道

昭和初期から地元で愛されてきた

山崎川の両岸約2.8kmにわたる桜並木。

住宅街にあるため、催事や出店などは一切ありませんが、静かな雰囲気の中でゆっくりと桜を楽しむことができます。

見頃の時期にはかなえ橋~鼎小橋間の約120mがライトアップされ、幽玄な雰囲気になります。

本数/約600本

ライトアップ/あり 山崎川 四季の道

TEL/052-831-6161(名古屋市瑞穂土木事務所)

住所/名古屋市瑞穂区内「石川橋」~「新瑞橋」

アクセス/地下鉄桜通線瑞穂区役所駅より徒歩15分

駐車場/なし

「山崎川 四季の道」の詳細はこちら

東谷山フルーツパーク【名古屋市】

見頃/4月上旬~中旬

東谷山フルーツパーク

頭上から降り注ぐような桜が見事!

15種を栽培する果樹園や、100種を超える熱帯・亜熱帯地域の珍しい果樹を観察できる「世界の熱帯果樹温室」などから成る農業公園。

4/4~13の「シダレザクラまつり」では、果物の即売会や大道芸、モンキーパフォーマンスを実施します。

本数/約1000本 東谷山(とうごくさん)フルーツパーク

TEL/052-736-3344(東谷山フルーツパーク事務所)

住所/名古屋市守山区大字上志段味字東谷2110

営業時間/9時~16時30分

定休日/月(祝日の場合は営業翌火休)

料金/入場無料(世界の果樹温室は別途)

アクセス/東名春日井ICより20分

駐車場/840台(イベント時は500円)

「東谷山フルーツパーク」の詳細はこちら

岩倉五条川【岩倉市】

見頃/3月下旬~4月上旬

岩倉五条川

川の両岸が自然歩道になっている

昭和24年にまちおこしとして約300本の桜を植えたのが始まり。

現在は市と市民活動団体が協力して、桜の保護と育成を継続。

3/31~4/9の「岩倉桜まつり」では、鯉のぼりの糊落とし作業「のんぼり洗い」や山車の巡業などが行われます。

本数/約1400本

ライトアップ/あり 岩倉五条川

TEL/0587-66-1111(岩倉市商工農政課)、0587-66-3400(岩倉市商工会)

住所/岩倉市内の五条川流域

アクセス/名神小牧IC・一宮ICより各15分

駐車場/なし

「岩倉五条川」の詳細はこちら

木曽川堤【一宮市】

見頃/3月下旬~4月上旬

木曽川堤

樹齢100年を超える立派な古木も

木曽川沿いの堤防約7kmにわたって続く桜並木で、国の名勝・天然記念物にも指定されています。

3/25~4/10の「一宮桜まつり」期間中に限り、堤防沿いの一部区域でバーベキューが解禁されます。

本数/約400本 木曽川堤

TEL/0586-28-9131(一宮市観光協会)

住所/一宮市北方町、光明寺、浅井町

アクセス/東海北陸道一宮木曽川ICより10分

駐車場/国営木曽三川公園138タワーパーク900台

「木曽川堤」の詳細はこちら

定光寺公園【瀬戸市】

見頃/3月下旬~4月上旬

定光寺公園

公園には芝生がありお弁当もOK

県内きっての景勝地として知られる公園。

シンボルでもある正伝池をソメイヨシノが咲き囲み、春の庭園を優雅に演出します。

隣接する古刹・定光寺には、国の重要文化財に指定されている本堂や徳川義直の廟所もあり、こちらも必見!

本数/約200本 定光寺(じょうこうじ)公園

TEL/0561-85-2730(瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

住所/瀬戸市定光寺町

営業時間/見学自由

定休日/なし

料金/定光寺拝観は一部有料

アクセス/東海環状道せと品野ICより15分

駐車場/160台

「定光寺公園」の詳細はこちら

鞍ヶ池公園【豊田市】

見頃/3月下旬~4月上旬

鞍ヶ池公園

鞍ヶ池PA直結でアクセスも便利

鞍ヶ池を中心に動物園や子ども向けのプレイハウスなどが整備されたファミリーパーク。

山全体が芝生になっている若草山ほか、緑に囲まれた美しい自然環境も魅力。

春にはサトザクラほか25種もの珍しい桜が開花していっそう華やかに!

本数/約1500本 鞍ヶ池公園

TEL/0565-80-5310(鞍ヶ池公園)

住所/豊田市矢並町法沢714-5

営業時間/9時~17時(動物園は10時~16時30分)

定休日/なし(植物園・動物ふれあい広場は月)

料金/入場無料

アクセス/東海環状道鞍ヶ池スマートICよりすぐ

駐車場/868台

「鞍ヶ池公園」の詳細はこちら

佐奈川堤【豊川市】

見頃/3月下旬~4月上旬

佐奈川堤

ピンクと黄色のコントラストが美しい

大雨で氾濫することの多かった佐奈川の改修工事が終了した昭和27年に1000本あまりの桜を植えたのが始まり。

川の両岸には桜と菜の花が同時期に咲き、市民の憩いの場となっています。

4/1にはイオン豊川店で「お花見物産展(仮)」を開催。

本数/約780本 佐奈川堤

TEL/0533-89-2206(豊川市観光協会)

住所/豊川市佐土町「であい橋」~堺町「堺橋」

アクセス/東名豊川ICより10分

駐車場/なし

「佐奈川堤」の詳細はこちら

桜淵公園【新城市】

見頃/3月下旬~4月上旬

桜淵公園

3/21~4/9「桜まつり」では物産展も

新城城主・菅沼定実が植樹したのが始まりといわれる由緒ある桜名所。

エメラルドグリーンの淵の両岸を約2000本の桜が彩り、そのコントラストがなんとも言えない風情。

貸ボート(30分1000円)に乗って、水上から眺めるのも一興。

本数/約2000本

ライトアップ/あり 桜淵公園

TEL/0536-32-0022(新城市観光協会)

住所/新城市庭野字八名井田

アクセス/新東名新城ICより10分

駐車場/600台(500円)

「桜淵公園」の詳細はこちら

※この記事は2017年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

風情を感じる「京都の桜」おすすめ名所8選!開花情報あり【2017年】
名古屋市で外せない花見名所!「鶴舞公園」の見どころと周辺人気グルメ!
思わず息を飲む!一度は見てみたい圧巻の一本桜6【関西・中国・四国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。