ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

amazarashi、ドラマ『銀と金』主題歌の新曲「ヒーロー」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

amazarashiが現在放映中のテレビドラマ『銀と金』の主題歌となっている最新曲「ヒーロー」のMVを公開した。
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
ディレクターはamazarashiのアートワーク、MVを手掛けるYKBXによるもので、過去のアートワークやMVをふんだんに使用した作品となっており、3月29日にリリースする初のベスト盤 『メッセージボトル』を紐解くものとなる。

初のベスト盤となる今作には『歌詞を見ながら聴きたい曲が、いまいくつあるだろう。』とのキャッチフレーズで話題となったインディーズ時代の作品「0.6」から、MVが公開された最新曲「ヒーロー」、今年新たにレコーディングされた「つじつま合わせに生まれた僕ら」、PS4の人気ゲーム『NieR:Automata』とコラボして話題となった最新シングル「命にふさわしい」を含む秋田ひろむがセレクトした全26曲が収録される。

完全生産限定盤、初回生産限定盤には青森で「あまざらし」の名義で活動をしていた2009年に500枚限定でリリースされた幻のミニアルバム『光、再考』が完全収録される他、amazarashiの過去をつづった小説『メッセージボトル』が収録される。また完全生産限定盤には、小説に加えすべてのCDに収録されている歌詞と対になった詩74篇を完全収録。YKBXによるイラスト集などを掲載した布張りの特殊パッケージとなっている。

■ アルバム『メッセージボトル』特設サイト

http://www.amazarashi.com/messagebottle/

「ヒーロー」MV
https://youtu.be/bgal_zCI1VQ

アルバム『メッセージボトル』
2017年3月29日発売

【完全生産限定盤(スペシャルパッケージ)】(3CD+DVD)

AICL-3302~6/¥5,800+税

※布張り本仕様

※amazarashi 詩全集、小説、イラスト集付き

【初回生産限定盤】(3CD+DVD)

AICL-3295~9/¥3,800+税

※三方背ケース、CDサイズ上製本

※小説付き

【通常盤】(2CD)

AICL-3300~1/¥2,800+税

<収録曲>

■CD DISC 1

01.光、再考

02.つじつま合わせに生まれた僕ら

03.夏を待っていました

04.無題

05.奇跡

06.ワンルーム叙事詩

07.さくら

08.この街で生きている

09.空っぽの空に潰される

10.美しき思い出

11.ラブソング

12.ナモナキヒト

■CD DISC 2

01.ジュブナイル

02.性善説

03.終わりで始まり

04.冷凍睡眠

05.スターライト

06.ひろ

07.季節は次々死んでいく

08.スピードと摩擦

09.多数決

10.ライフイズビューティフル

11.僕が死のうと思ったのは

12.命にふさわしい

13.ヒーロー

14.つじつま合わせに生まれた僕等(2017)

■CD DISC 3 ※完全生産限定盤、初回生産限定盤のみ

〈あまざらし『光、再考』〉

01.光、再考

02.少年少女

03.真っ白な世界

04.隅田川

05.ドブネズミ

06.未来づくり

■DVD ※完全生産限定盤、初回生産限定盤のみ

〈amazarashi BEST ALBUM「メッセージボトル」Special Movies〉

01.ポエジー

02.ラブソング

03.カルマ

04.スターライト

05.しらふ

06.美しき思い出

「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
「ヒーロー」MV キャプチャ (okmusic UP's)
amazarashi (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。