ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

他人からの評価を気にし過ぎて、人間関係に疲れてしまった人に伝えたい考え方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
他人からの評価を気にし過ぎて、人間関係に疲れてしまった人に伝えたい考え方

他人に自分を合わせて生きていくこは、すごく疲れること

他人からの評価を気にし過ぎて、人間関係に疲れてしまった人に伝えたい考え方

昔、人と話すことも苦痛だった私。
どんな自分なら相手が喜んでくれるのか、そればかり気になった。
でもそこに、正解はなんてなかったんです。
人が変われば答えも変わるし、そもそも正しい答えなんて無い。
出会ってすぐは人に好かれようとして猫をかぶり、ちょっと心が打ち解けたところで猫を脱ぐ(笑)そんな言葉はないけれど、そんな感じ。
「本当の私はこんな感じなのよ、これからもよろしくね」って、無理な話です。
いきなり「本性はこんなです」と言われても、相手は戸惑い困ってしまいます。
しかもこれは、私自身にとっても、すごく疲れることでした。

自分の綺麗な部分と汚い部分の差に戸惑うあなたへ

自分の綺麗な部分と汚い部分の差に戸惑うあなたへ

そして、何回も失敗しながら辿り着いたひとつの答えがあります。
それは、”基本はいつだって自分に置く”ということ。
“そこに立てれば誰だって輝ける”。
そう思えたのは自分だけの時間を持てたからだったんです。
言い換えると、ある意味、”人に期待しない”ということ。
もちろん良い意味で。
癒されたいなら自分で癒す、勇気が欲しいなら自分で奮い立てる、褒められたいなら自分で褒めるんです。
何故ってそれが一番効くから。
あなたがもし自分の時間を持てていないのなら、何でもいいから好きなことをやってもらいたいです。
好きなことに没頭して熱中しているだけで、その時間は自分だけの時間になります。
素の自分と過ごす時間です。
誰の中にも、綺麗な部分と汚い部分があります。でもそれは悪いことではなく、綺麗なその美しさや、汚い自分を感じられる大切な瞬間なんです。
汚い部分が嫌いならそういう汚い部分を持った自分を許すんです。そして受け入れる。
結局、自分を一番知っている自分が、一番強いのだから。

自分の二面性を受け入れることは、自分らしく生きることへの第一歩

自分の二面性を受け入れることは、自分らしく生きることへの第一歩

自分の二面性を受け入れて許すことで、より自由に自分らしく生きられます。
そのきっかけは、好きなことに打ち込んでみることで見えてきます。
好きなことは、あなたが今のままでも十分に輝けることを教えてくれます。自分が輝ける瞬間を感じられることは楽しみですね。

ヨガ講師/土橋浩美

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。