ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コトリンゴ、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」主題歌を書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コトリンゴ、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」主題歌を書き下ろし

Netflixはテレビ東京と強力タッグを組み、4月からNetflix オリジナル・ドラマシリーズとして木曜深夜に「木ドラ25」を新設。その第1弾として青野春秋原作のドラマ「100万円の女たち」を4月7日よりNetflixで独占配信、テレビ東京では4月13日より毎週木曜深夜25:00〜25:30に放送する。その主題歌をコトリンゴが書き下ろすことが決定した。

ドラマに登場する、道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。彼は半年前から5人の謎の美女たちと一つ屋根の下で暮らしている。女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払う。この共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されている。

5人の美女たちの年齢は10代から30代と幅広いが、彼女たちがなぜこの家に集まってきたのか、普段は何をやっているのかなど一切は謎に包まれている…。しかし、彼女たちとの奇妙な共同生活を通じ、女たちの過去や存在理由などが少しずつ解明されていく…。同時に彼自身の身にも思いもよらなかった変化が起き始め、彼を取り巻く環境はどんどん変わっていく。そして、ある日。美女たちとのちょっと奇妙な共同生活に幸せを感じ始めていた慎に、すべてを崩壊させる事件が起きる…。

コトリンゴ コメント
主人公である道間さんの流され漂っている感じ、割り切れない感情、それからミステリアスな状況をどう表現できるだろうと思い試行錯誤しています。どうぞ、お楽しみに!

プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京コンテンツビジネス部)のコメント
主題歌をどうするか、正直すごく悩みました。今回、野田さんには RAD の全国ツアーの合間を縫って連続ドラマの主演をやっていただくという、相当な負担をかけることになります。その上楽曲を書き下ろして頂くということは、当初から現実的ではないなと思っていました。もちろん RAD の楽曲という選択肢は浮かんだけれども書き下ろしができない中で、果たしてその選択肢が正解なのか。野田さんご本人とも議論しましたし、悩みました。ずーっと悩みながら脚本を作っていく過程で、ふと今回のテーマは女性が歌うべきなんじゃないかという思いがどんどん強くなっていきました。その上で、このドラマはショッキングなことが沢山起こるストーリーなので、見終わったときにやさしい気持ちになれると読後感がいいなと考えました。そしてドラマの中で野田さん演じる主人公の慎が書いている小説、「漂う感情」の世界観も音楽で表現できたらかなり素敵な作品になるのではないかという思いに至りました。
そう思ったら私の中で主題歌は「コトリンゴさんしかいない!」となっていました。すぐ野田さんや藤井監督にも提案したところ大賛成してくれました。その後ご本人にお会いし、経緯をお話しすると、すごく面白がってくださった上、主題歌の書き下ろしも快諾してくださいました。結果的に「君の名は。」と「この世界の片隅に」という日本が誇る傑作映画に携わった、おそるべき才能と一緒にこの番組をつくるという機会を得ることになりました。なんか凄いことになってしまいました…。コトリンゴさんの主題歌がどんな曲なのか、今から本当に楽しみでしょうがありません。奇跡のコラボが創り出す世界に是非ご期待ください。

番組情報
木ドラ25「100万円の女たち」
2017年4月7日(金)よりNetflixにて独占配信
2017年4月13日(木)スタート テレビ東京にて毎週木曜深夜25:00〜25:30
2017年4月18日スタート BSジャパンにて毎週火曜夜23:00〜23:30
主演:野田洋次郎(RADWIMPS)
原作:青野春秋(『100万円の女たち』小学館「ビックコミックスピリッツ」刊)
脚本:山田能龍(劇団山田ジャパン主宰)、室岡ヨシミコ、中園勇也
監督:藤井道人(「オー!ファーザー」「7s/セブンス」「雲の糸」 他)、原廣利、桑島憲司
プロデューサー:五箇公貴、堀尾星矢
チーフプロデューサー:大和健太郎
共同プロデューサー:Julian LAI-HUNG、上木則安、坂本和隆
コンテンツプロデューサー:小林史憲、滝山直史
In association with Netflix
制作:テレビ東京/イメージフィールド
製作著作:「100万円の女たち」製作委員会

関連リンク

コトリンゴ オフィシャルサイトkotringo.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。