ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

インドネシア産、極上ポップ・ミュージック / 『旅する風』モンド・ガスカロ(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
インドネシア産、極上ポップ・ミュージック / 『旅する風』モンド・ガスカロ(Album Review)

 インドネシアは近年通好みのポップ・アーティストが急増していることで知られている。ベッドルーム・ミュージックと称される宅録ポップ職人のアディティア・ソフィアン、山下達郎やtofubeatsをカヴァーしたikkubaruなどが日本でもマニア受けしているが、その中でも本命といえるのがモンド・ガスカロだ。インドネシア人日本人のハーフらしく、サウンド・クリエイターとしてもシンガー・ソングライターとしても非常にクオリティが高い。

 特に見事なのが、なんといってもメロディのセンスだろう。テンション・コードを駆使した楽曲群は、ソウル、AOR、ソフトロック、などといったキーワードで語りたくなる通好みの雰囲気をまとっている。今の日本のシティポップ・ブームにも通じるものを感じる人もいるだろう。加えて、アレンジも見事で、バンド・サウンドとストリングス、コーラスなどが絶妙に融合し、過去の様々なポップ・チューンの影響が見てとれる。

 トロピカルな雰囲気と分厚いコーラスが見事にマッチした「ネイキッド」、うっかりシュガー・ベイブかと思ってしまったロックンソウル・ナンバー「ディーコンズ・サマー」、気だるいスウィート・ソウルを展開する「良心」、ハモンドやファズ・ギターが少しサイケな雰囲気を醸し出す「忘却」などなど、どこを切り取ってもマニア度が非常に高い。おそらく相当研究したであろうきめ細かなアレンジは、とにかくよくできている。七変化するコーラスワークが美しい「木洩れ陽」なんていう楽曲も収められており、どれもこれも夢心地にさせてくれるのだ。

 極上のポップ・ソングを聴きたくなったら、インドネシアのシーンをチェックする。そんなことが常識になる日が近いかもしれないことを、モンド・ガスカロは教えてくれる。

Text: 栗本 斉

◎リリース情報
『旅する風』
モンド・ガスカロ
2017/02/22 RELEASE
2,376円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

プロコル・ハルム、14年ぶりの新作『乙女は新たな夢に』が完成
【ミュシャ展】チェコ国外では初公開の大作も! 作品をより楽しむためのCD2作同時リリース
シガー・ロス、単独公演を東京と大阪で今夏開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。