ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ももクロ・高城れに、ソロコン「まるごとれにちゃん」で会場をまるごと紫に&高木ブーとの再演も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ももクロ・高城れに、ソロコン「まるごとれにちゃん」で会場をまるごと紫に&高木ブーとの再演も

ももいろクローバーZ・高城れにソロコンサート「まるごとれにちゃん」が3月9日、神奈川県民ホール大ホールにて行われた。

今年で3度目となるソロコンサートは、ライブ会場に2,237人、全国27ヶ所のライブビューイング会場には6,634人、述べ8,871人を動員した。

今回のソロコン「まるごとれにちゃん」はそのタイトル通り、23歳になった“ありのまま”の高城れにを表現するべく、セットリスト・衣装・ステージ演出・グッズ・パンフレットなど全て高城れに自身によるプロデュースで行われた。バックバンドを従えたのも今回が初だが、ここにも高城本人のこだわりから全て女性で構成された。

ライブはこのコンサートのテーマソングである新曲「まるごとれにちゃん」で、3Bjr.から10名のバックダンサーを従えた華やかな始まりを見せた。

会場に集まったファンに「まるごとれにちゃんを一日堪能してくださいね!」と声をかけ、その後はLittle Glee Monsterや、HoneyWorksらのカバー楽曲を披露。途中、キーボードのみの「なんでもないや」(上白石萌音カバー)では、ここまでの雰囲気とはまた異なるしっとりとした一面を魅せ、会場を魅了した。

その後MCではスペシャルゲストとして高木ブーが呼び込まれ、昨年行われた「ももいろクリスマス2016〜真冬のサンサンサマータイム〜」で披露した「スターダストセレナーデ feat.高木ブー」の再演が行われ、会場は大いに盛り上がる。2人のあたたかい雰囲気のトークも弾んだ。

楽曲の合間ではDJ /サウンドプロデューサー・TeddyLoidが制作した「まるごとれにちゃん」のリミックスが流れ、本人がステージ上にいない時でさえも会場の盛り上がりが収まることはなかった。また、MC中には7月9日の満月の夜に沖縄・今帰仁村の世界遺産にも登録されている今帰仁城跡にてソロイベントが行われることが発表された。

アンコールでは高木ブーも再度登場し、昨年配信されたソロシングル「しょこららいおん」を笑顔で披露。最後は毎年恒例となっているレミオロメンの「3月9日」を歌唱し、高城は目に涙を浮かべながらファンとともに歌い上げ、ステージは締めくくられた。

新曲2曲を含めた全21曲を披露し、新曲2曲を含めた全21曲を披露し、ライブ終了後、来場したファン全員にハイタッチをしながらお見送りしソロコンサートは終了した。

この日披露された新曲「まるごとれにちゃん」は1ヶ月期間限定価格39円で、「一緒に」は通常配信価格にてレコチョク上で1ヶ月先行独占配信中。

セットリスト
OPENING
1. まるごとれにちゃん(高城れに新曲)
2 好きだ。
3. 好きな人がいること
4. 病名恋ワズライ
5. WHITE LOVE
6. なんでもないや
7. 君のようになりたい
8. スターダストセレナーデ feat.高木ブー
9. はい!もしもし…夏です!
10. 金曜日のおはよう
11. 最強パレパレード
12. ハッピー☆彡
13. 残酷な天使のテーゼ
14. realize
15. てをつなごうよ
16. RPG
17. BELIEVE
overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜
EN1. co・no・mi・chi
EN2. しょこららいおん
EN3. 一緒に(高城れに新曲)
EN4. 3月9日

配信情報
高城れにソロコンサート開催記念配信シングル「まるごとれにちゃん」
価格:289円※3月9日(水)〜1ヶ月間レコチョクでの期間限定価格
レコチョク:http://recochoku.jp/album/A1006329801/

イベント情報
高城れにソロイベント「タイトル未定」
日時:2017年7月9日(日)
会場:沖縄・今帰仁村 今帰仁城跡
※詳細は後日発表

関連リンク

ももくろちゃんZ 公式サイトhttp://momoclochanz.com/
ももくろちゃんZ 公式twitter@momoclo_chanz
ももくろちゃんZ 公式YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCT-Vns5Wvc9d6OcIOcBOZvA
ももくろちゃんZ 公式Instagramhttps://www.instagram.com/momoclochanz/?hl=ja

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。