ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ホルンは買取してもらえる?マウスピースについても話します

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

使わなくなったホルンとマウスピース、買取してもらえるということをご存知ですか?真っ先に処分という言葉が浮かび、何となく家に置きっ放しにしてしまう人は多いはず。そんな人のためにも、買取り店は楽器を扱う人のためにと高価買取してくれる場を設けています。ホルンと、マウスピースも買取してくれるお店をご紹介。今後どうすればいいか迷っていたホルンを買取してもらうきっかけにしてください。

使わなくなったホルンどうしていますか?

null出典:zenjiro

学校で使っていた、趣味で使っていたというホルン。まったく使わなくなったとはいっても、なかなか処分するには勇気がいるものですよね。ところが買取してもらうという方法を選択すれば、査定金額が受け取れるだけでなく、本当に必要としている人の手にも渡ります。今回は、大切にしてきたホルン、そしてマウスピースも買取してもらう方法をご紹介します。

ホルンの人気モデルと買取価格の相場をご紹介

null出典:zenjiro

(※いずれも2016/12/4時点の買取価格)

ヤマハ

●YAMAHA YHR-668D 買取価格帯 : 164,000円 〜 155,800円

null

●YAMAHA YHR-867KRD 買取価格帯 : 246,000円 〜 233,700円

null

ジュピター

●JHR752L 買取価格6,700円
●JHR852L 買取価格97,600円
●JHR1150DL 買取価格107,000円

ウィルソン

●CS230 買取価格166,000円
●CS220 買取価格316,000円
●CS221GB 買取価格320,600円

ストンビ

●JH130DA 買取価格370,000円
●JH51DA 買取価格374,000円
●JH50DA 買取価格375,000円

コンフォルド

●23G 買取価格477,000円
●28Y 買取価格615,000円
●28G 買取価格622,000円

ホルンを高く売るためのポイント

null

綺麗な状態で査定をしてもらう

汚れた楽器を査定してもらうと、印象が良くない他、査定金額にも影響します。査定前には必ず綺麗な状態で査定をしてもらうようにしましょう。普段は掃除しなかったような部分も念入りに。これだけでも100円~数千円は査定金額に差が出ることもあります。

付属品も一緒に査定に出すこと

ホルン本体だけでなく、専用のケース、説明書、保証書など付属していたものも一緒に査定に出しましょう。傷んでいるからこれは出せないだろうと判断してしまわずに、売れるかどうかをまずは問い合わせることが大切です。マウスピースも買取してもらえるので、ホルンと一緒に査定をしてもらうといいでしょう。

早めに買取してもらうこと

使わないホルンをずっと家に置きっ放しにしていると、自分では予想できなかった状態にまで劣化していることもあります。特に夏場を超えると状態が非常に変化していることも多いため、売りたいと考え始めたらできるだけ早めに買取してもらうようにしましょう。

ホルン買取におすすめの店2選

イシバシ楽器

null

特徴
全国各地に店舗展開がある、楽器専門店イシバシ楽器。一見ギターやベースなど弦楽器の取り扱いが主に見えますが、ホルンの買取も行っています。ヤマハのホルンを強化買取しており、もちろん他のメーカーのホルン・マウスピースも査定可能。宅配買取方法を選択すると、送料が無料であるという点が魅力です。梱包に使うキットも無料でもらえるので、店頭買取してもらう感覚で宅配買取にトライしてみるのもおすすめ。

査定方法:メール査定
買取方法:宅配買取、出張買取、店頭買取(全国各地に10店舗以上あり)

楽器高く売れるドットコム

null楽器高く売れるドットコムのホームページへ

特徴
楽器を専門的に査定してくれる店、楽器高く売れるドットコム。ホームページにホルンの特設ページがあり、高価買取してもらえるのでまずは査定金額を聞いてみましょう。このメーカーが特に高価買取といった記載はなく、どんなメーカーのホルン・マウスピースも査定をしてもらうといいでしょう。宅配買取を利用した際は、送料無料。査定方法としてメール見積もり、電話見積もりもしてもらえるので、普段忙しくしている方にも向いています。

ネットからの査定方法:メール見積もり査定可能、電話査定可能
買取方法:宅配買取、出張買取(実店舗がある地域周辺)、店頭買取(東京、横浜、埼玉、仙台、名古屋、大阪、神戸、福岡に店舗あり)

買取に関する注意点

null

見積もり査定額の比較

買取店によって、買取価格は大きく差が出ます。ここだと目をつけて1店舗目で買取を決定してしまわずに、高く売りたいと考えるようであれば、見積もり査定額をまずは出してもらいましょう。見積もり査定額の比較は売る前に済ませておかなければ、買取承諾書に一度サインをしてしまうと、キャンセルはほぼ不可であるからです。

楽器の専門店で買取を

通常のリサイクルショップでは、ホルンの査定専門員がいないため、買取価格はほんの数万円にしかならない可能性があります。しかし、楽器の専門店で買取してもらえば、ホルンのメーカー、付属品、状態など詳しいことがわかる専門員がいるため、数十万円もの価格で買取してもらえることも。必ず楽器買取の専門店で見てもらうようにしましょう。買取結果に大きな差が出るでしょう。

取引には身分証が必要

買取の取引には、身分証が必須です。忘れて来た場合は100%買取してもらえません。買取の際は、免許証、各種保険証、住民基本台帳カード、パスポートなど期限が切れていない、身分が証明できるものを、必ず一緒に用意しておきましょう。

マイナンバーカードは、今現在どの買取店でも使えないことになっているので、他の証明書を用意しておくことをおすすめします。そして買取承諾書にサインをするのは、証明書の持ち主と同じ人でなければならないので覚えておくと安心です。

ホルンは早めに買取してもらいましょう!

null

置いているだけで劣化してしまう楽器、ずっと置いたままになっているという方は久しぶりに見て、メンテナンスを行っておきましょう。高く買取してもらうためにも、早めに買取に出すことを検討してみてはいかがでしょうか。状態が良いと、思いがけないような価格で買取してもらえるかもしれません。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。