体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不器用ママに朗報!縫わずに「両面テープで作れる」アクセ&巾着袋

picture00
子供が出来て、急に手芸に追われるようになった不器っちょママさん、いませんか? 特に幼稚園に入園するときなど、“手作り”が求められますよね。いまや“手作り”も購入できますが、自分の出来る範囲でなら、可愛いわが子のために手作りに挑戦したいママもいるハズ。そこで今回は、発売50周年を迎えてさらに使いやすくなった両面テープ『ナイスタック』を使ったDYIを3つご紹介します。

■万能両面テープはコレ!『ナスタック 両面テープ 15mm x 15m NW-NU15』

 picture01
両面テープを手芸に使うなら、粘着力03(強力)で15mm x 15mの製品がぴったり。両面テープを手芸に使うメリットは、なんてといっても失敗が怖くないところ! 針と糸で間違ったところを縫ってしまうと解くのに手間がかかりますが、両面テープならはがすだけ! さらに、“縫う”よりも“貼る”だけなので、作品の完成がかなり時短できるのが嬉しいポイントです。さあ、お次は子供が喜ぶDYIを3つ作ってみました!

1.オリジナルのアクセで娘も大喜び!「布スリーピン」

 picture02
【両面テープ以外の材料】
・スリーピン・布・フェルト
 【作り方】①布をスリーピンの形に合わせて、5mmほど大きくなるように切り出す。②フェルトはスリーピンと同じ大きさに2枚切り出す。 picture03③スリーピンの形をした布の裏側の中心に、フェルトを1枚両面テープで貼り付け、その上に両面テープを全面的に貼る(布よりはみ出た部分はハサミでカット)。 picture04④③で作った物を、スリーピンの表側へ貼り付け、はみ出た布をピンの裏側へ折り貼り付ける。 picture05⑤もう1つのフェルトに両面テープを貼り付け、裏側の留め具を差し込む為の切り込みを入れる。(縦半分に折ると切り込みを入れやすい)⑥剥離紙をはがし、留め具を切り込みに差し込みながら入れ、貼り付けて完成。

2.今流行のヘアアクセも楽々!「リボンヘアゴム」

 picture06
【両面テープ以外の材料】・布(20×12cmと9×2cm)・糸・輪になっているヘアゴム・グルーガン
 【作り方】①布の大きい方(20×12)を裏側を上に横長にして置き、両面テープを20cmの長さに切り、20cmの辺と平行に中心へ貼る。 picture07②上と下の辺を中心へ向かって折り、両面テープと貼り合わす。③今度は布の中心に縦に両面テープを貼り、②と同じく左右を真ん中へ折り貼り合わす。④布を裏返し、山が3つ出来るように蛇腹に折りたたみ、糸で縛って止める。これでリボンの形が完成。 picture08⑤次に小さい方の布(9×2)も、長い辺を①と同じ貼り方をして、短い辺の片方だけ1cmほど折り両面テープで貼る。⑥リボンの中心に⑤で作った細い布でゴムを挟み、裏側を短く折った部分が上になるようにグルーガンで固めて出来上がり。

3.コップ入れや体操着入れもへっちゃら!「巾着袋」

picture09
1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。