ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LEDライトおすすめは衝撃に強いミリタリー仕様

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
LEDライトおすすめは衝撃に強いミリタリー仕様

LEDライトのおすすめはミリタリー仕様。その魅力は、その特殊性と堅牢な造りにあります。普通に何かを照らすだけなら、目が眩むような明るさや、頑丈過ぎるボディなどは不要でしょう。しかし、災害時にも破損することなく使用できるLEDライトは重宝するはずです。おすすめLEDライトを紹介します。

短時間点灯におすすめのLEDライト

SUREFIREの「P3X FURY」は、最大1,000ルーメンの超強力KEDライト。スイッチを押すと点灯、指を離すと消灯、音がするまで押し込むと常時点灯する、ミリタリーで重要なシンプル操作のLEDライトです。

短時間点灯におすすめのLEDライトで、至近距離では相手の視覚を麻痺させ、戦闘意欲を奪います。配光はワイドかつ強力。手元から遠方まで広く明るく照らせ、死角の無い視野が得られる設計です。

電源にはCR123リチウム電池を3本使用。最大で2時間15分点灯します。このLEDライトの実勢価格は39,204円です。15ルーメンに切り替え可能な、2段階調光モデルもあります。

LEDライトのおすすめは軽量モデル

STREAMLIGHTの「POLYTAC LED」は、最大275ルーメンのLEDライト。全樹脂ボディで、金属製に比べて圧倒的に軽量なのがおすすめポイント(電池込みで約125g)。一見弱そうだが、落下や衝撃に強いポリマー樹脂を採用しています。

また、全樹脂のメリットは暑さ・寒さに強いこと。外気の影響を受けにくく、確実に操作できます。標準装備された鋼製クリップは、実用性の高い便利なアクセサリーです。電源はCR123リチウム電池を2本使用。Hiで3時間、Low(14ルーメン)で65時間点灯します。このLEDライトの実勢価格は6,912円です。

INFORCEの「PINF-6VT」は、最大300ルーメンのLEDライト。こちらも軽量(電池込みで約95g)、丈夫な全樹脂ボディです。操作はON/OFFのみ。テールキャップの締め込みで常時点灯します。

ボディの中央付近がクビレているのが特徴で、注射器を持つように握ることも可能。逆手やハンドガンと組み合わせた運用もOKです。細身のボディで携帯しやすいLEDライトの電源は、CR123リチウム電池を2本使用。中心光が強い特性があります。ヘッドサイドの放熱用ヒートシンクがクール。実勢価格は15,163円です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。