体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スケートボードに関連したギネス世界記録は一体いくつある??調べてみたら、驚きの数字が明らかに!

「ギネス世界記録」といえば、面白い記録が出るとニュースなどで紹介されることも多く、耳にしたことがない人はいないかと思います。

 

2015年11月には日本でも「スケートボードで30人の股下をくぐり抜けるブルドッグが、ギネス認定」のニュースがネットを中心に話題になり「犬かよ!?」と思ったスケーターも多かったのではないでしょうか?

 

そこで、実際にギネス世界記録の中でもスケートボード関連の記録は何個くらいあるのだろうと調べたところ、驚きの数が確認されました!

 

Facebookより @guinnessworldrecordsjapan

 

ギネス世界記録の定義

 

そもそもギネス世界記録は“何でもアリだけどなんでもいいってワケじゃありません”

公式サイトには…

 

1.計測可能か

2.証明可能か

3.標準化可能か(計測は1ポイントに置いて、そして他の人も同じ計測方法を取ることが可能か)

4.記録更新が可能か

 

以上4つのポイントが記録の基軸になるとあります。要するに世界中の人が競い合うことが出来るかどうかという事のようです。

 

Facebookより @guinnessworldrecordsjapan

「24時間でスケートボードで最長移動距離記録を持つアメリカ在住、アンドリュー・アンダスさん」記録は431.32km

 

気になるスケートボード関連の記録は

 

公式サイトで調べてみたところ…、なんと約140個!

 

単純に“skateboard”と検索すると210件のヒット(2017年2月27日現在)。しかし、70件以上は「現在、この記録タイトルに記録保持者は存在しません」と表示されるので実際の記録は140前後となります。(これにはスケートボードのTVゲーム関連なども含まれます)

※この記録はギネス世界記録公式サイトにアカウント登録すると見る事が出来ます。

 

中でも気になったのは…

 

この中でも筆者が気になった記録は、

最長のノーズマニュアル(前のタイヤだけでウィリー)記録…【81.08メートル】

2014年8月23日にカナダのJeffrey Nolanによって達成。

→意外とやれば出来るような気が……、いや出来ないけどね。

 

連続キックフリップ記録…【1546回】

2008年11月30日にアメリカのZach Kralによって達成。

→この記録を更新しようとしたら1546回目が一番緊張するでしょうね。

 

最長のマニュアル(ウィリー)記録…【217.1メートル】

2012年6月13日にカナダでJeffrey Nolanによって達成。

→マニュアルしながらチクタクする感じ?

 

スケートボード最長の旅…【12159キロ】

2007年6月24日から2008年9月28日の間、スイスから上海までニュージーランドのRob Thomsonによって達成。

→それだけ旅に時間を費やせるのが羨ましい…

 

1分間でオーリー(ジャンプ)…【72回】

2013年4月7日にアメリカのGabriel Penaによって達成。

→1秒間に1回オーリーしても間に合わない!

 

世界最大のスケートパークは…【中国!】

中国広州市にて2015年に完成された、GMPスケートパークで、広さは16900平方メートル!

→スケーターなら一度は行ってみたいハズ!

 

最大のスケートスクール人数は…【311人】

2012年6月21日にアメリカのETNESスケートパークにてNick Gates と Pierre-André Senizerguesによって行われた。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。