ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

未経験から目指せる「福祉」の仕事カタログ 6選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20160427201101j:plain

「転職したいけど、私ってどんな仕事が合っているんだろう?」「気になるあのお仕事、どうやったらなれるの?」「転職したらお給料下がるかな?あの職種っていくらくらい稼げるんだろう?」

そんな疑問にお答えしてこの度、編集部厳選の「未経験から目指せる!人気お仕事」を集めました。

転職サイトや求人誌ではなかなか見つからない職業のなり方、教えます!

今回は「福祉に関する仕事」をご紹介。

世のため、人のために役立ちたい。そんな強い信念をもつ人にオススメです。こちらも、事務系から技術系まで、さまざまな職業があります。

介護福祉士

高齢者、身体障害者の介護や介護指導を担う

●仕事内容

日常生活を営むのに支障のある高齢者や身体障害者に対し、食事、入浴、外出など身の回りの手助けをする。介護計画の立案や記録、本人や家族に対して介護指導や助言を行うのも重要な仕事。「介護福祉士」はもともと国家資格の名称で、資格を持って実務を担う場合にこの職種名が使用される。

●収入の目安【18 万円〜/月】

老人ホームの正規職員として働く場合の初任給は月収18万円程度〜。非常勤パートで働く場合は、時給1000円程度〜。

●向いている人

人の役に立ちたいという信念があり、介護される側のつらさや歯がゆさを理解してあげられる人。

●なるには

介護福祉士の国家資格を取得。資格は、国指定の専門学校などを卒業すれば国家試験不要で取得できる。また、ホームヘルパーなどの実務を3年以上経験して国家試験を受験するという方法もある(17年実施の国家試験からは実務経験に加えて「実務者研修」の修了が要件となっている)。働く場は老人ホームや身体障害者福祉施設、介護サービス会社など。

ホームヘルパー(訪問介護員)

高齢者や身体障害者の日常生活をサポート

●仕事内容

高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、身の回りの世話をする。仕事は、掃除、洗濯など家事を行う家事援助、排泄や入浴、食事介助(食事を食べさせる)などの身体介護など。

●収入の目安【16 万円〜/月】

パートで働く場合のスタート時の時給は1000円程度。ベテランになると時給1500円程度に。介護サービス会社の正社員の初任給は月収16万円程度〜。

●向いている人

家事が得意で人の世話をするのが好きなだけでなく、介護される側のつらさを理解しようと努力できる人。相手の気分や体調をくみ取って臨機応変に対応できる人が求められる。

●なるには

介護職員初任者研修を修了するのが王道。スクールなどが実施する所定の養成講座で学び、筆記試験による修了評価を経て取得となる。就職先は介護サービス会社、社会福祉協議会など。デイケアセンターなどの施設のケアスタッフとして働く人も多い。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)

福祉に関する相談援助を行う

●仕事内容

心身の障害などで日常生活に支障がある人とその家族に接し、相談に対応。福祉施設や補助金の制度、ホームヘルパー派遣など、適切な福祉サービスを受けられるように助言や指導、援助を行う。「社会福祉士」はもともと国家資格の名称で、資格を持って相談業務を担う場合にこの職種名が使用される。

●収入の目安【18 万〜 22 万円/月】

医療機関に就職した場合の初任給は月収18万〜22万円程度。

●向いている人

本人や家族が抱える問題を理解することが大切なので、相手の話をしっかり聞く力や、問題を発見する力のある人。また、関係機関との連携も仕事なので、コミュニケーション能力のある人。

●なるには

社会福祉士の国家資格を取得する。受験資格は学歴により異なっている。一般の大学を卒業した人は、社会福祉士一般養成施設で1年以上学んで卒業すると受験可能。職場は、福祉事務所をはじめ、老人福祉施設、医療機関、児童相談所、障害者生活支援センター、社会福祉協議会などさまざま。

精神保健福祉士

精神に障害のある人の社会復帰をサポート

●仕事内容

精神科の分野で福祉に関する相談援助にあたる。精神に障がいのある人やうつ病、認知症の方、およびその家族が抱える生活上の悩みに対して相談にのり、再就職などを含めた社会復帰に関する助言、指導や援助を行う。「精神保健福祉士」はもともと国家資格の名称で、資格を持って相談業務を担う場合にこの職種名が使用される。

●収入の目安【18 万円〜/月】

施設に正規職員として就職した場合の初任給は月収18万円程度〜。非常勤の場合、時給1000円程度〜。

●向いている人

精神科に入院されていた方の退院後の家探しや、日常生活への適応に必要な訓練の実施、補助金給付制度の案内など、その人の持つ課題すべてに関わるため、仕事内容は幅広い。相手の立場に立って物事を考え、問題解決にあたることができる人が向く。

●なるには

精神保健福祉士の国家資格を取得する。受験するには、学歴に応じた実務経験年数や、所定の養成施設での習得が必要とされる。一般大学を卒業している場合、所定の専門学校などで1年以上学べば受験可能。就職先は精神障害者生活訓練施設、精神保健福祉センター、精神科病院など。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

介護が必要な人の介護計画を立てる専門職

●仕事内容

高齢などで介護を必要とする人やその家族の相談に応じ、適切な介護サービスを受けられるよう支援。個々の状況に合ったケアプランを作成し、在宅介護に関するサービスの提供機関や、介護保険施設などとの連絡調整を行う。

●収入の目安【25 万円〜/月】

介護サービス会社に勤務する場合、初任給の目安は月収25万円程度~。

●向いている人

ケアプランを作成するには相手の話をじっくり聞くことが必要。コミュニケーション能力があり、相手から得られた情報を的確に処理できる人が向く。

●なるには

ケアマネジャーの資格が必須。資格を取得するには、都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、その後に実務研修を受け、修了後に登録される。実務研修受講試験を受験できるのは、実務経験5年以上の介護福祉士、社会福祉士など。職場は老人ホームや介護サービス会社など。

音楽療法士

音楽で人の心をケアし、福祉にもかかわる

●仕事内容

音楽で人を癒す専門家。音楽を聴いたり、歌ったり、楽器を演奏することで気持ちをリラックスさせ、精神面の安定をはかる。こうした音楽療法は認知症、自閉症などの障害や、ストレスで精神的なダメージを負った人のケアに用いられている。

●収入の目安【5000 〜 1 万円/ 1 回】

福祉施設などで音楽療法を行う場合の報酬は1回5000〜1万円程度(1時間)。

●向いている人

音楽が好きで福祉に興味がある人。現場のニーズに合わせてプログラムを作るので、課題を発見する力や柔軟な発想が求められる。

●なるには

楽器演奏の基礎や音楽療法のスキルが必要。スクールの養成コースで身につけよう。日本音楽療法学会の認定資格や、スクールの認定資格がある。活動の場は老人ホーム、障害者福祉施設、児童福祉施設、病院など。フリーで活動する人が多く、音楽療法を取り入れた音楽教室を開く人も。

いかがでしたか?気になるお仕事は見つかりましたか?

新しい未来を手に入れるために、あなたも今、一歩踏み出してみませんか?

次回は、「保育」に関わるお仕事を紹介。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年3月時点での情報を基に作成しています。

※「収入の目安」は各団体、スクール、就業者への取材、「稼げる資格2016」をもとに「ケイコとマナブ」編集部が算出しています。これらはあくまで目安であり、個人差があります。

関連記事リンク(外部サイト)

職業カタログ~未経験から目指せる「医療」の仕事7選~
【稼げる資格】実例インタビュー 「好き」が「仕事」に。「キレイになりたい」を叶えるメイクの資格
【稼げる資格】実例インタビュー~「エンジニアとしての技術を客観的に証明してくれます」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。