体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「仕事1本だ!」なんて言ってるようじゃ、本物じゃないですよーーワークライフバランスの先駆者・佐々木常夫さんが語る「働き方改革」

もはや時代を象徴する言葉になった「働き方改革」。その“本丸”ともいえる長時間労働の改善や生産性の向上に管理職として30年以上前から取り組み、ワークライフバランス実現の先駆者として知られているのが、元東レ取締役の佐々木常夫さんだ。

そもそも、なぜ働き方を見直すのか。どうすれば実現できるのか。佐々木さんの豊富な経験も交えながら、多くのビジネスパーソンが直面する疑問と悩みに対するヒントを聞いた。f:id:k_kushida:20170307193859j:plain

佐々木 常夫(ささき つねお)

1944年秋田市生まれ。69年に東京大学経済学部を卒業後、東レ株式会社に入社。家庭で自閉症の長男、肝臓病・うつ病を患った妻らを支えるかたわら、職場では徹底した業務効率化で数々の実績を挙げ、01年に事務系の同期で最初の取締役となる。03年、東レ経営研究所社長に就任し、のちに特別顧問。経団連理事、内閣府の男女共同参画会議議員など公職も歴任している。

現在、株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表。「働く君に贈る25の言葉」「そうか、君は課長になったのか。」「ビジネスマンが家族を守るとき」など著書多数。

仕事以外に大事なものがない日本人は、「自分の幸せ」を考えていない

f:id:k_kushida:20170307194301j:plain

―ご家族の病気を機に家事との両立を迫られた管理職として、30年以上前から業務の効率化を徹底。「部下を定時に帰す仕事術」のパイオニアとして同名の著書もお持ちです。「働き方改革」が叫ばれるようになった現在、ようやく時代が追いついてきたという印象ですか。

「働き方改革」と言っても、今は国や企業が従業員に対して「早く帰りなさい」と言っている状況で、従業員は必ずしも早く帰ろうと思ってない。まだ「かけ声」だけ、本物じゃないと思います。

私が管理職だったときに、どんどん残業減らしてね。みんな帰るようになったとき、部下がよく言ってたのが「家に帰ってもやることがない」「妻がイヤな顔をする」「だからつい、みんなと飲みに行く」ということ。それじゃあ、何のためにやってるのかということですよね。最近では、若い男性も育休を取ったり奥さんと一緒に食事したりする、普通の感覚を持ち始めてます。だけど、それが大多数じゃない。今の若い人だって「俺は仕事1本だ」ってね、そういう人がまだまだ多いですよ。

私の古巣である東レはドイツに現地法人がありますけど、ドイツ人は始業が朝の8時半か8時のとき、7時半に来ます。で、夕方4時半に帰るため必死になって働く。ものすごいスピードですよ。で、帰って何をやってるかといえば、家にペンキ塗ったり子どもとキャッチボールやったりね、あとは晩ご飯を、必ず家族で一緒に食べる。仕事も好きなんだけど、家庭が大事なんですね。

日本の会社で働いていて、家帰ってペンキ塗らなきゃとか、ご飯を必ず家族と一緒にとか思っている人、まだ少数派じゃないですか?そもそも、家できちんとご飯食べる人さえ、まだまだ少ないと思います。それは、仕事以外に大事なものがないからなんですよ。そんな状況でワークライフバランスだとか働き方改革だなんて言ったってね、進みませんよ。そんなのは。ドライブ(原動力)がかからないんだから。

要するに、「自分の幸せがどこにあるのか」っていうことを考えてないってことです、多くの日本人は。

いっぱい働いて安心したいから、仕事が増えていく

―「そこまでしなくてもいい仕事、やらなくてもいい仕事をやっているホワイトカラーが多い」とブログの中でコメントなさったことがあります。これは経験上の実感ですか?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。