ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

はあちゅう推薦! 稼げるネットサービス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

はあちゅう推薦! 稼げるネットサービス
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(水曜ナビゲーター:満島真之介)。今週は「趣味の極みウィーク」と題してお送りしています。3月8日(水)は「稼げるネットサービス」をテーマに、その道の達人にお話を聞きました。

いろいろな趣味がありますが、オンエアでは趣味を極め「お小遣いが稼げるネットサービス」を紹介。最初は、さまざまなネットサービスに精通している人気ブロガーで作家のはあちゅうさんに、その魅力や賢い利用法を伺いました。

大学時代に自身のブログが注目され、卒業後に電通入社。現在はフリーランスになり、執筆やメディアへの出演でも知られるはあちゅうさん。書くことが好きで「クリスマスまでにモテない女子が彼氏をつくる」という内容のブログが書籍化されたことが、書く仕事がお小遣い稼ぎから、プロになるきっかけとなったと語ります。そんな彼女がオススメの「稼げるネットサービス」は、「メルカリ」と「note」です。

数あるフリーマーケット・アプリの中で、はあちゅうさんが「メリカリ」を推すのは圧倒的な使いやすさ。写真を撮るだけで出品できる簡単さなのに、人がたくさんいるので、すぐ売れて楽しいのだそうです。オークションと違って提示額で売る仕組みのため、自分で売り方を考え、マーケティング感覚が身につくので「数十秒で起業家になれる」ことや、いらないものが何でも売れることから「世界からゴミを減らすツール」としても魅力的と語りました。

先日、服を大量にゴミとして捨てたらしい満島もこの話を聞いて後悔していましたが、メルカリではその他にも、自分で作ったものや、サランラップの芯など、その人にとって不要なものも、例えば小学生の工作用に緊急で欲しいという人がいて売れることなどもあるのだそうです。番組でもさっそく、オンエア中に番組グッズを出品したところ僅か数分で売れ、その凄さを実感していました!

続いて、はあちゅうさんが紹介したウェブサービスは「note」。これはクリエイターが活動資金を得るためのツールで、文章、イラスト、写真などを売ることができます。はあちゅうさんは、雑誌やウェブの連載がなくなったときに収入がなくならないようにと「note」での執筆をスタートしたそうです。いくらで売るかを自分で値付けできるので、自らの実力も試せてお金も増やせることから「出版業界を変えるツール」だと語りました。

中には自分の文章や写真は「お金にならない」「趣味で十分」と考える人もいると思いますが、noteには「サポート機能」といって、応援したい人にお金を振り込む機能もあるので、そのようなもので読者と作家の絆を深められる場所としても使えるとのこと。

番組後半では、マスキングテープ好きが高じてついに自分のブランドを立ち上げてしまった雑貨ブランド「icco nico」の代表、坂本マリさんに、大人気の「マステ」のさまざまな活用法や、自社ブランド誕生のきっかけなどを語ってもらいました。

はあちゅうさんや、坂本さんのように、好きなことを追求して仕事にした人たちの体験談を通して、チャレンジすることや好きなことを仕事として続ける、さまざまなヒントが聞けたオンエアでした!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時ー23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。