ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【今すぐ使える!】Android開発で役立つ25のライブラリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本稿は、freeCodeCampのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Android開発者のMichal Bialas氏によって投稿されました。

 

2017年の1月と2月にリリースされた25のベストなAndroidライブラリのリストをご紹介します。これらはすべて試してみる価値があります。なお、順序はランク付けとは関係ありません。それでは始めましょう!

 

1. Lottie

これは、Bodymovin(アニメーションをSVG / Canvas / HTML + JavaScriptにエクスポートするためのAfter Effectsのプラグイン)によってJSONとしてエクスポートされたAdobe After Effectsのアニメーションを解析し、それらをネイティブにモバイル上にレンダリングするためのライブラリです。Google Playストアで利用できるサンプルアプリもあります。

このライブラリを一躍スターにした7,500人を超えるGithubユーザーたちは、間違っていませんでした!

 

2. Toasty

カスタマイズされたToastを生成するためのライブラリです。このライブラリについて開発者は次のように説明していますが、まさにその通りです。

「普通のToastですが、ステロイドのような効果があります。」

以下はToastyのスクリーンショットです。

 

3. StyleableToast

これもToastのカスタマイズ用ライブラリです。次のように説明されています。

「多様なスタイリングオプションによって、あなたのアプリとユーザーエクスペリエンスにユニークな使用感を加えることができます!あなたのToastを、コードまたはstyles.xmlのどちらかでスタイリングしてください!」

 

4. Store

Storeは、非同期データの読み込みとキャッシュのためのライブラリです。ドキュメントによると次のように説明されています。

「Storeは、アプリケーション内のデータの取り出し、解析、格納を簡単に行うためのクラスです。Storeは、リポジトリパターンに似ていますが、単一方向のデータフローに従うRxJavaで構築されたReactive APIを公開しています。」

ドキュメントは本当に網羅的であり、このライブラリは試してみる価値があります。データ要求、キャッシング、解析など、多くのフローをチェックできます。

 

5. PreviewSeekBar

あなたがGoogle Playムービーを使用している場合、この素晴らしいアニメーションの伴うSeekBarに、ムービーのプレビューが表示されているのに見覚えがあると思います。 RúbenSousa氏はこれをオープンソースライブラリとして実装しました。

以下のGIF動画は、その優れた機能を示しています。あなたのアプリがムービープレイヤーの場合には、絶対に試してみる価値があります!

 

6. Chuck

OkHttpを使用する場合、アプリケーション内のすべてのHTTPの要求と応答を受信して保持するのに役立つライブラリです。また、コンテンツを検証するためのUIも提供しています。

 

7. CoordinatorTabLayout

CoordinatorTabLayoutは、TabLayoutとCoordinatorLayoutの組み合わせを、すばやく実装するためのカスタムのコンポジットコントロールです。以下のGIF動画でどのように動作するかを示しています。

 

8. boxing

boxingは、マルチメディアのセレクタであり、次のようなことが可能になります。
画像を選択する(単一または複数の画像)
画像をプレビューおよびクロップする

また、以下のスクリーンショットに示すように、GIF、動画の選択、画像圧縮、カスタムのUIもサポートしています。

 

9. excelPanel

これは2次元のRecyclerViewです。履歴のデータを読み込むだけでなく、将来的なデータを読み込むこともできます。

 

10. Horizontal Calendar

RecyclerViewの実装のためのライブラリとしては他にも、このHorizontal Calendarがあります。マテリアルデザインの水平方向のCalendarViewを作成できます。

 

11. CameraFragment

CameraFragmentはFragmentの実装であり、カメラ機能をアプリケーションに簡単に統合できるようになります。そのREADMEファイルによると

「CameraFragmentはカメラのビューを直接プレビューし、デバイスを撮影または管理するための簡単なAPIを提供します。 あなたはCameraFragmentを使用して独自のレイアウトを設定して、カメラを制御することができます。」

 

12. AwesomeBar

これはFlorent Champigny氏による優れた実装です。 DrawerLayoutと組み合わせて、トップバーのための新しいデザインが実現されています(ActionBar / Toolbarから明らかです。)。WeekzによるGmail Mobileからインスピレーションを得ています。

以下のGIF動画でどのように動作するかを示しています。

 

13. ArcNavigationView

これは、Android Design Support LibraryにあるNavigationViewの実装であり、カーブしたエッジを導入しています。

 

14. ShimmerRecyclerView

これは、ビューが読み込まれていることを示すための、よりシームレスなビューを備えたカスタムのRecyclerViewの実装です。 RecyclerViewには、シームレスな外観を制御するためのアダプタも組み込まれています。

 

15. Android-SwitchIcon

「Googleランチャースタイルのスイッチ(有効/無効)アイコンの実装」です。

このライブラリではAppCompatImageViewが拡張されていて、app:srcCompat属性を使用して、任意のアイコンをSwitchIconViewに設定できます。

 

16. CounterFab

このライブラリは、右上にカウンタバッジ(数を示すバッジ)を表示するFloatingActionButtonのサブクラスです。Google Playからデモアプリをダウンロードできます。

 

17. FadingTextView

このライブラリを使用すると、数秒ごとに自動的にTextViewのコンテンツを変更できます。

 

18. Bridge

「Bridgeは、Androidのためのシンプルで強力なHTTPネットワーキングライブラリです。最大限の互換性と速度を実現するため、Java / AndroidのURLConnectionクラスによって強化された、連鎖可能なFluent APIを備えています。」

このライブラリはドキュメンテーションが本当に網羅的であり、チェックする価値があります。

 

19. Ason

Aidan Follestad氏による2番目のライブラリです。主なアイデアは、JSONとのインタラクションを単純化することです。ライブラリについて次のようにも説明されています。

「シリアル化も効率化できます。」

ドキュメントもとても優れています。

 

20. ObjectBox

今、パフォーマンスに重点を置いた、オブジェクトのための新しいデータベースが必要とされています。

greenrobotの説明によると、「パフォーマンスは、私たちがObjectBoxを作成した1つの理由です。私たちはすでに、AndroidとSQLiteのための最速のオブジェクト関係マッピング(ORM)として、greenDAOを作成しました。

2011年の最初のリリース以来、私たちはオブジェクトの永続性について多くの洞察を得ました。また、SQLiteによって課せられたパフォーマンスの制限についても。私たちは、モバイルのパフォーマンスを大幅に向上させるためには、問題の核心に取り組み、オブジェクト用に設計されたデータベースを構築する必要があることに気付きました。」

 

21. FlowLayout

このライブラリは次のように説明されています。

「十分なスペースがない場合、子ビューは次の行に配置されます。FlowLayoutは、子ビュー間の間隔を、全体のビューが均等に配置されるように計算できます。」

 

このライブラリはまだ開発の初期段階にあることに注意してください。

 

22. Unofficial Google Actions Java SDK

これは Mirek Stanek氏による非公式の優れたライブラリです。公式のGoogleのActions SDKはNode.jsで書かれていますが、彼はJavaでネイティブに書かれた非公式のバージョンを導入しています。 READMEファイルによると

「GoogleのAction Java SDKは、公式のNode.jsライブラリに基づいて構築されていますが、これはそのミラーコピーではありません。目標は、Google Assistantのプラットフォームの会話プロトコル(GoogleのConversation API) と完全に互換性を持たせることです。」

 

23. Wearable Reply

2017年2月9日、Googleは新しいAndroid Wear 2.0をリリースしました。Luke Klinker氏はこれに不足しているAPIを開発して、このOSのためのライブラリとしてリリースしました。

「声、キーボード、定型文の自動応答(Canned response)からのものであれ、すばやく簡単なテキスト入力が可能です。不足しているAPIが利用可能になりました! 」

 

24. Shortbread

このライブラリは次のように説明されています。

「@Shortcutによってアノテーションされたアクティビティーとメソッドのための、アプリショートカット(App Shortcuts)を生成します。マニフェストを編集する必要はなく、XMLファイルを作成するか、またはショートカットマネジャーを使用してください。ショートカットに呼び出したいコードにアノテーションするだけです。 」

現在のバージョンは1.0.0です。

 

25. Material About

このライブラリは、あなたをユーザーに紹介するAbout Meの画面を作成するのに役立ちます。

 

以上ですべてです。ご紹介したリストを楽しんでもらえたとしたら幸いです。あなたも他に素晴らしいライブラリを知っていたら、コメントから教えてください。

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるAndroidアプリ開発講座(オンラインブートキャンプ)を開催しています。自分でアプリを公開してみたい場合はご参加ください。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。