体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説
声優で近年はタレント活動もなさっている金田朋子さん(43)が、先月妊娠を公表しており、いわゆる高齢出産を予定しております。

日本では年々40代での出産を迎える女性も増えておりますが(参考)、高齢出産ではどのような注意をすればよいのでしょうか。

今回は、高齢出産に関する注意事項、理想的な過ごし方などを医師の松本先生に詳しく解説してもらいました。

高齢出産の定義

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説
高齢出産とは「35歳以上の初産、2人目以降であれば40歳以上」です。 ただし、93年までは30歳以上が高齢出産とされていました。

30歳以上を高齢出産とすると、あまりに多くの人が「高齢出産」になってしまうので便宜的に引き上げただけで、生物学的には30歳以上が高齢出産と考えてよいでしょう。

高齢出産に伴う妊娠初期症状はある?

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説
高齢出産といってもそうでない出産と基本的に変わりはありません。

ただし、卵子が老化していること、配偶者などの年齢が高い可能性もあり、妊娠、出産に伴う異常が多くなります。

出血

妊娠10週~12週程度の初期の場合には、付着程度の出血やおりものに混じる程度の出血はしばしばあります。

あまり問題になりませんが、強い腹痛を伴う場合や、血の塊が混じるような出血の場合には、できるだけ早く受診する方がよいでしょう。

おりもの

茶色のおりものがあることがあります。少量の出血が混じって茶色になるのですが、多くは着床出血です。

ただし、激しい痛みがあったり、何日間もあるいは大量に出続ける場合は異常の可能性があります。

肌の乾燥

妊娠初期はプロゲステロンというホルモンが増えることで肌が荒れやすくなりますし、水分を赤ちゃんのために子宮にこれまでより多く配ることになり、肌へ届く水分が減ってしまうためにも肌は乾燥しやすくなります。

通常は自然に改善していきますので、ゴシゴシ石鹸で洗うのはできるだけ止めましょう。

便秘

プロゲステロンのために、大腸からこれまでより多くの水分を吸収するようになり、また腸の動きが悪くなるので、便が硬く、便秘気味になります。

水分補充、食事の適正化である程度防げますので、口にするものに意識を高めましょう。

高齢出産の注意事項1:食事面

食べ物

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説
「高齢だから」というわけではありませんが、若い人に比べて妊娠高血圧症候群などの合併症の危険が高いですので、塩分、過剰な糖質、悪い油の多いジャンクフードはできるだけ避けましょう。

また、お弁当屋さんのお弁当を毎日食べたり、コンビニのお弁当にお世話になるのは、特に危険のつきものの高齢出産では禁物ですし、大型の魚の食べ過ぎも危険です。

飲み物

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説
ジュース類はもちろんですが、カフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶類のがぶ飲みは脱水につながりますので止めた方がよいでしょう。

特に、緑茶は鉄の吸収を抑える作用がありますから、鉄不足になりやすい妊婦にはおすすめの飲み物ではありません。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。