ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ネイルアーティストがおしえるネイルデビューで気を付けてほしい3つのポイントとは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ネイルアーティストがおしえるネイルデビューで気を付けてほしい3つのポイントとは?

ネイルサロンに行ったことがない初心者さん、ジェルネイル初挑戦の人へ

今、ファッションやメイクと同じ感覚でネイルをされる方が増えてます。
でも、「興味はあるけどサロンに行く勇気が無い…」と言う方も、まだまだたくさんいらっしゃいます。
「ネイルサロン=派手派手ネイル」のイメージがあるかもしれませんが、ここ数年はジェルネイルが主流になり、自爪のようなナチュラルな仕上がりにされるお客様も増えてきました。
今までネイルサロンに行ったことない方、ジェルネイルにチャレンジしてみたい方は、どんな感じでネイルサロンに行けば良いのか不安だと思います。
そこで、初めての方が不安に感じるポイントを中心にネイルデビューで気を付けていただきたいポイントをご紹介します。

ネイルデビューで気を付けてほしい3つのポイント

①爪が欠けたり割れたりしてても大丈夫?
まずネイルを施す前の爪の状態ですが、上の写真であるように、やはり自爪のままだと日常生活のうちに亀裂が入ったり欠けたりしてしまうことがあると思います。しかし、よほどの怪我でなければ、補強や長さ出し(ジェルスカルプ)をして全体を揃えることができますので安心して来店してください。
②爪は短く切って行ったほうがいいの?
「長すぎたら手入れしにくいかな?」と気を使って短くカットしてくださるお客様もいらっしゃいますが、気にせずそのままの状態でご来店ください!
ネイリストがカウンセリングをして、お好みの長さ、形に仕上げます。
③ハンドケアをして行ったほうがいいの?
ジェルネイルは油分があると定着が悪くなりモチにも影響してきます。ご来店前にはハンドクリームやオイルなどのケアはせずに、手を石鹸などでしっかりと洗っていただくことをオススメします!

ネイルを施術した後にお家でできる爪のセルフケア方法

施術が終わったら、こちらの写真のようにサロンでオイルを塗布します。キューティクルエリア(甘皮部分)にオイルをしっかりと塗ると、ささくれになりにくく、保湿されることによってジェルのモチも乾燥してる状態より良くなりますよ!
ですので、ネイルをしている間はご自身でもネイルオイルを塗って、小まめに保湿ケアしていただくことをオススメします♪
写真のデザインはグラデーションですが、根本がクリアになっているので爪が伸びてきても気になりにくく、自然な仕上がりになるのでネイルデビューの方には挑戦しやすいデザインだと思います。
初めてサロンに行くのは緊張すると思いますが、気を使わずそのままの状態でサロンにお越しくださいね♪
ネイリストが爪先からHappyをお届けします!

ネイルアーティスト/二村友美(nail first)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。