ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スクリレックス/インキュバス/マックルモア/カミラらが出演のACLU支援ライブ、主催のZEDDの動機とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スクリレックス/インキュバス/マックルモア/カミラらが出演のACLU支援ライブ、主催のZEDDの動機とは?

 アレッシア・カーラとの新曲「ステイ」が2017年3月18日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でデビューしたばかりのZEDD(ゼッド)。社会意識が高いことでも知られる彼は、2017年4月3日(現地時間)にロサンゼルスのステイプルズ・センターでアメリカ自由人権協会(ACLU)支援ライブを主催する。カミラ・カベロ、ホールジー、イマジン・ドラゴンズ、インキュバス、スクリレックス、ビービー・レクサ、ティナーシェ他多数のアーティストが出演予定だ。

 「入国禁止令に触発されたんだ」とDJで音楽プロデューサーの彼は米ビルボードに明かし、「いくつかのツイートを見て、何が起きたのか調べてみたら、施行されたやり方が信じられなかった。(支援ライブは)声明にしたかった。ステイプルズ・センターをおさえてからすぐに、当初出演できないと断られた、マネージメント側に“素晴らしいアイデアだけど、実現は難しいだろう”と言われたアーティストたちに次々と連絡を取ってみたら、急に可能になったんだ。みんな進んでやってくれることになった」と話した。

 ライブの収益はすべてACLUに寄付される為、チケット代は「寄付金で、その代わりにタダでライブを観れる」と考えて欲しいとゼッドは言う。ロシアで生まれ、幼い頃にドイツに移住した彼は、トランプ政権の移民政策の影響を肌で感じると話し、他の問題と合わせて自分なりに影響を及ぼしたいと考えている。

 「この先どうなるのか分からないままここにいるのは怖い。様々なことが起こる中、自分で何かしようと決断して行動に移してよかったと思える。このライブは入国禁止令に反対するものではなく、みんなの権利や自由の為に戦っているACLUを支援するものだ。現在の有様では、彼らの活動はこの先もっと多くのものも含まれそうだ」と彼は語った。

 「ステイ」はHot 100チャート28位でデビュー。ゼッドにとっては6曲目のTOP40ヒット、カーラにとっては「ヒア」と「スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル」に続いて3曲目となる。最近最も気に入っている新人ポップ・アーティストとの初コラボを披露し、“過去のゼッドと新しいゼッドのすごく面白いミックス”だというこの曲をリリースすることを切望していたと彼は話している。

関連記事リンク(外部サイト)

ZEDDとアレッシア・カーラのコラボ曲が解禁
トランプが次期大統領でもアメリカに残ることを決心したZEDD「マイナー・コードはもう使わない」
自身初の全米TOP20入りしたヘイリー・スタインフェルド、ZEDDとタッグを組んだメロウ・チューンで垣間みせる新たな魅力とは?(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。